ガーデニング初心者向けに植物の育て方ポイントや実際に育ててみた体験談・栽培記録を紹介しています

楽して楽しむガーデニング

アマドコロの特徴と育て方!ナルコユリとの違いとは?

投稿日:

アマドコロ

アマドコロ(甘野老)という植物をご存知ですか?

日本に自生している山野草で葉が美しい園芸品種は切り花に使われることも多いです。

今回はアマドコロの特徴と育て方、よく似ているといわれるナルコユリとの違いについて紹介します。

スポンサーリンク




アマドコロの特徴

アマドコロの花

アマドコロは日本、朝鮮半島、中国が原産のキジカクシ科の多年草です。

北海道から九州にかけての山野に自生しています。

冬には地上部分が枯れてなくなってしまいますが春になると芽を出してベル状の花を咲かせます。

花後は小さな丸い実がなります。

・草丈:30~80cm
・開花期:4~6月
・花色:白

アマドコロは漢字では甘野老と書きます。

名前は根茎の形がトコロ(野老)というヤマノイモに似ていて食べると甘いことに由来します。

春の新芽は山菜として食用になりますが果実は有毒です。

日本に自生しているのはヤマアマドコロ、オオアマドコロ、ナルコユリなど。

観賞用に販売されているのは主に葉に白い覆輪が入る斑入り品種です。


[山野草] 斑入オオアマドコロ「萱場錦」

ちなみにアマドコロとナルコユリは姿が似ているので混同されることも多いです。

しかし、一般に販売されているものはアマドコロであることが多いとか。

また、お店によってはアマドコロをナルコユリとラベルに書いて販売されていることもあるようです。

アマドコロとナルコユリの違い

一番わかりやすいのが茎をさわって確かめる方法です。

アマドコロは茎にゆるい角(かど)が付いています。

なので茎をさわると指の引っかかるような触感があります。

一方、ナルコユリの茎には角(かど)はありません。

また、花の形と付き方も違います。

アマドコロはベル状の花が1ヶ所から1~2個下がります。

ナルコユリは細く中央がややくぼんだ形の花が1ヶ所から3~8個下がります。

アマドコロの育て方


アマドコロ 「白虎(びゃっこ)」

明るい日陰が適しています。

日当たりの良い場所でも育ちますが夏場の強い日射しに当たると葉が傷みます。

地植えは木陰になる場所を選ぶと良いでしょう。

水やり

地植えの場合は、特に水やりの必要はありません。

鉢植えの場合は土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。

冬越し中は地上部がなくなりますが完全に乾かしてしまわないように時々水やりをして下さい。

肥料

鉢植えの場合は、花の咲き終わった後と休眠に入る前の年2回、少量の緩効性化成肥料を株元に施します。

地植えの場合は特に肥料を施す必要はありません。

病害虫

とくにありません。

増やし方

鉢植えの場合は2年に1度を目安に植え替えを行います。

適期は3月、10月中旬~11月です。

地植えの場合は特に植え替えの必要はありません。

放っておくと毎年株が増えて群植状態になり美しいです。

ただ、広がり過ぎた場合は株分けを兼ねて植え替えをしましょう。

掘り上げた根茎を分かれている部分で折って植え付けます。

アマドコロの栽培記録

自宅のアマドコロ

庭の一角に昔からアマドコロと思われる植物が植えられています。

山野に自生しているものなので家族の誰かが苗をもらって植え付けたものが増えて広がったのかもしれません。

なんにも手入れをしないのに春になると芽を出し花が咲き冬が近づくと枯れていきます。

丈夫で育てやすいことは間違いありません。

他の植物を植えているところにまで広がって困るほど増えました。

グランドカバーとして利用するというのもよいのかもしれませんね。

※一見するとアマドコロとナルコユリは見分けがつきません。そのため記事中にある写真もアマドコロとナルコユリが混在している可能性があります。ご了承ください<(_ _)>

関連記事
ホトトギスの育て方!植え替え時期や管理のポイントは?
サギソウ(鷺草)の育て方!植え替え時期や方法は?

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-宿根草
-, ,

Copyright© 楽して楽しむガーデニング , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.