ガーデニング初心者向けの基礎知識を紹介しているブログです。初心者向けの植物・雑草対策・害虫対策など管理人の実例もあります。

ガーデニング初心者ブログ 楽して楽しむガーデニング

宿根草

クレマチス テキセンシス系の育て方!剪定時期や方法は?

投稿日:

プリンセスダイアナ

テキセンシス系クレマチスは、四季咲きで剪定の方法が簡単!

初心者にも育てやすいクレマチスです。

この記事では、テキセンシス系クレマチスの育て方と剪定時期・方法を紹介します。

スポンサーリンク




クレマチス テキセンシス系の特徴

キンポウゲ科の常緑多年草です。
ベル型やチューリップ型のかわいい花で人気があります。

花期:5~10月頃
開花性質:四季咲
咲き方:新枝咲き

春遅くから秋にかけて次々と花を咲かせます。

暑さ寒さに強く丈夫なので初心者でも育てやすいです。

咲き方の「新枝咲き」というのは、冬にツルが枯れ、
春に株元から新芽を伸ばし花をつけるという咲き方のことです。

フェンスやポール仕立て、鉢植えに向きます。

園芸品種には
「プリンセスダイアナ」
「サートレボーローレンス」
「ダッチェスオブアルバニー」
「グレーブティビューティ」などがあります。

特に、プリンセス・ダイアナは、チューリップ型で
ショッキングピンクの花をたくさん咲かせる
人気の高い品種のひとつです。

クレマチス テキセンシス系の育て方

クレマチス テキセンシス系

日当たりと風通しが良い場所を好みます。

半日陰でも育ちますが、半日以上は日が当たる場所で
育てた方が花が良く咲きます。

ただし、真夏の日射しは強すぎるので、置き場所を変えるか
日よけなどで日光を遮る必要があります。

水やりは、地植えの場合、特に必要ありません。
鉢植えの場合は、土の表面が乾いてからたっぷり与えましょう。

春から秋の生育期間中は、緩効性の肥料を2か月に1回、
液体肥料を2週間に1回くらい与えます。

夏の間は、肥料は与えません。

鉢植えは、2年に1回を目安に植え替えましょう。
放っておくと根詰まりを起こします。

クレマチスの根はデリケートなので、鉢から取り出したら
根を傷つけないために土をほぐさずにそのまま植えつける
ようにします。

地植えの場合は、根が傷つくと枯れてしまうので、
挿し木で増やすとよいでしょう。

クレマチス テキセンシス系の剪定時期・方法

テキセンシス系は、新枝咲き・強剪定の品種です。

花後に、2~3節残して短く切り戻す強剪定を行います。

しばらくすると、再び新しいツルを伸ばして、花を咲かせます。

冬になったら、充実した芽を2~3節残して、株元までバッサリと
ツルを切り落とす強剪定を行います。

最後に

初めて、テキセンシス系のベル型やチューリップ型の花を
みたときは、クレマチスの仲間だと思ってもみませんでした。

クレマチスの花というと、テッセンやモンタナ系の花の形の
イメージが強かったのでしょうね。

でも、とても可愛らしい花が咲くのをみて、すっかり
お気に入りになってしまいました。

暑さ寒さに強く、剪定のやり方も簡単ということですから、
これは是非とも育ててみたいものだと考えています。

関連記事
クレマチスの種類と特徴!共通する育て方のポイントは?
クレマチス モンタナ系の育て方!剪定時期や方法は?
クレマチス ビチセラ系の育て方!剪定時期や方法は?

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-宿根草
-, ,

Copyright© ガーデニング初心者ブログ 楽して楽しむガーデニング , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.