シソの育て方

シソはシソ科の一年草で、葉が緑の青ジソと濃紫紅色の赤ジソがあります。

シソは原産がヒマラヤで日本には中国から薬用として伝えられたといわれています。

薬味や添え物のほか、ハーブとしての薬効や作用もあるということです。

siso2

シソは、一度まけば、こぼれ種で毎年あちこちから芽をだすようになります。

庭の隅に数株育てると、毎年、収穫ができます。

土質も特に選ばず、病気に強く、何処でも発芽してくれるので初心者でも簡単に育てられます。

また、プランターでもよく育ち、長期間安定した収穫ができます。二株あれば充分使えるでしょう。

プランターで育てる場合、大きな株に育てたいなら、深さが20センチ以上あるプランターがおススメです。

1株だけなら8~10号鉢を使ってもいいでしょう。

苗からでも栽培できますが、種からでも簡単に育てられます。

シソの種蒔きは4月に行ないます。

ばら蒔きをし、発芽したら間引きして最終的に株間を20~30センチにしましょう。

間引いた物は芽シソとして利用できます。

本葉が8枚以上になったら、茎先端の生長点である芽先を摘むことで、そこから枝分かれする芽(脇芽)を出させる摘心をします。

脇芽も摘心すると、株がさらに大きくなります。

追肥は、有機液肥を10日に1回程度与えます。

siso1

成長した葉「大葉」はもちろん、発芽したばかりの芽ジソ、花が開きかけた花穂ジソ、花穂が実を結び始めた穂ジソ、それに実ジソまで収穫でき、葉や芽、花・穂・実のすべてが食べられます。

葉は下のほうから順次収穫していきましょう。

穂は1穂に5~6個ほど開花したころに収穫して穂ジソとして利用します。

花穂を全部収穫してしまうと種が出来ないので、翌年の事を考えて少し残しておくとよいです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ