観葉植物パキラの育て方!剪定時期と方法は?

観葉植物パキラ

パキラは樹形がうつくしいのでインテリアとして人気が高い植物ですね。

仕事運や勉強運、金運がアップするなど風水効果もあるのでプレゼントにもピッタリです。

今回は観葉植物パキラの剪定時期・方法など育て方の基本を紹介します。

スポンサーリンク

パキラの特徴

鉢植えのパキラ

南アメリカやメキシコが原産地、パンヤ科の常緑低木です。
(アオイ科で分類される場合もあります)

別名、発財樹(Money tree)とも呼ばれています。

パキラを売ったらお金持ちになったという言い伝えからつけられたといわれています。

手を広げたような5枚の葉が特徴的ですね。

幹は太く子株のときは緑色ですが大きく育つと灰緑色になります。

本来は高さが20mになる高木です。

一般に出回っているのは、幹を3~5本編み込んで成長させたタイプや幹の基部がふくらんだ株をミニ観葉や大鉢仕立てにしたタイプです。

パキラの育て方

パキラ

室内の日当たりと風通しのよい場所で育てましょう。

ただし、強い直射日光には弱いので、真夏の日差しは避けます。

室内から屋外に出すときは葉焼けに注意して、遮光したところに置きましょう。

日光が当たらない場所でも成長します。

しかし、あまり長期間、暗い所が続くと徒長(とちょう)と言って枝が間延びしてしまうことがあるので注意しましょう。

成長してくると下の方の葉は自然に落ちます。

下の方の葉が茶色くなっても心配はいりません。

水やり

土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。

秋口から徐々に回数を減らし、冬場は表土が乾いて数日してから与えます。

エアコン等で乾燥気味の部屋に置く場合は定期的に葉水する(霧吹きなどで葉に水をかけてあげる)ときれいな葉が保てます。

ホコリや害虫の予防にもなるので葉水はオススメです。

肥料

成長期に置き肥、液肥を与えます。

冬は肥料は与えません。

パキラの剪定時期と方法

パキラの葉

パキラを育てていると、葉が伸びて大きくなりすぎてしまう場合があると思います。

そんな時は、剪定を行いましょう。

剪定の適期は5~6月です。

パキラは成長が早い観葉植物なので、枝を思い切って切っても大丈夫です。

たとえ、切りすぎてしまった場合でも、夏の成長期には新芽を出し、ぐんぐんと伸びていきます。

成長点は切らない

成長点とは、緑色の幹の節の部分のことです。

パキラは、この成長点から新芽が伸ばしていきます。

剪定するときは、成長点を残して幹を切るのがポイントです。

さいごに

パキラの木

雑貨店や100円均一ショップのミニ観葉植物コーナーなどでも、よく販売されていますね。

小さくて可愛いとはいえ、本物の生きている植物です。

育てていると、どんどん大きくなっていきますよ。

もともと100均の観葉植物は鉢のサイズが小さいです。

購入した時のままで育てていると鉢の中全体に、根が回ってしまい根詰まりを起こしてしまいます。

ほうっておくと、元気がなくなくなったり、最悪、枯れてしまうことも…。

購入したら早めに植え替えたほうが元気に育つ可能性が高いと思います。

関連記事
パキラの葉が茶色になって枯れる!原因と対処法は?
パキラの植え替え時期はいつ?失敗しない方法は?
パキラの冬の管理!冬越しするときの注意ポイントは?
パキラが冬に枯れる意外な原因とは?復活できるか確認する方法は?

タイトルとURLをコピーしました