【サンスベリアの特徴・種類・育て方】伸びすぎた葉が倒れてきた時の対処方法は?

サンスベリア

サンスベリア(サンセベリア)は剣のような形と虎の尾(トラノオ)のような模様が特徴の観葉植物。

手入れが簡単で育てやすいことからインテリアグリーンとして人気があります。

サンスベリアの特徴と育て方のポイント、伸びすぎた葉が倒れてきた時の対処方法、花を咲かせるコツについて調べたことをまとめました。

スポンサーリンク

サンスベリアの特徴と種類

サンスベリア

サンスベリアはリュウゼツラン科の常緑性多年草。

熱帯・亜熱帯アフリカや南アジアが原産地です。

剣状の肉厚の葉には、虎のしっぽみたいな黄色い外斑があります。

見た目が虎のしっぽみたいなのでトラノオ(虎の尾)とも呼ばれます。

日本では古くから育てられているお馴染みの観葉植物です。

主な種類

代表的な品種はローレンティー。その他、ゼラニカ・スタッキー・ミカド・パテンスなどがあります。

花言葉は「永久」「不滅」。

縁起がよい花言葉や風水によいという理由から引越祝いとして贈られることも多いです。

サンスベリアの育て方

サンスベリア

置き場所は日当りの良い明るい場所が適しています。

生育期の5~9月はできるだけ暑い場所に置くと良く育ちます。

耐陰性は強いですが、光線不足になると葉が間伸びし直立が困難になります。

ただし、真夏の間は日光が強すぎて、軽い葉焼けを起こして葉色が悪くなる事もあります。

屋外なら木陰などの半日陰に、室内ならレースのカーテン越しに置くとよいでしょう。

水やり

5~9月は鉢土の表面が乾いたらたっぷり与えます。

過湿にすると葉が腐ったり根腐れをおこすので「乾いてから」がポイント。

冬場は、室温が10℃以下になりはじめたら水やりを控えます。

肥料

生育期の5~9月には、月1回程度、緩効性化成肥料を与えます。

冬越し

耐寒温度は10℃以上、生育適温は15~30℃。

熱帯の植物なので寒さにはやや弱いです。

冬場は温かい場所で管理します。

増やし方

サンスベリアの新芽

挿し木(葉挿し)や株分けで増やします。適期は5~7月頃。

排水の良い土壌を好み、赤玉土4・腐葉土1・川砂2くらいの配合で混ぜ合わせます。

専用の土を使用すれば簡単です。

サンスベリアの葉が伸びすぎた時の対処法

サンスベリアの鉢植え

長く育てていると、葉が伸びすぎて倒れてくることがあります。

考えられる原因は日照不足。

室内で育てていると日光の量が不足することが多いので葉は細く育って倒れやすくなってしまいます。

夏の間はベランダの軒下などで育てると、しっかりとした葉に育ちます。

倒れてしまった葉は、切り取って葉挿しするという方法もあります。

葉を切って、土に挿しておくと子株ができます。

サンスベリアの花を上手に咲かせるコツは?

サンスベリアの花

サンスベリアの開花時期は8~10月。

葉と葉の間から花芽が付いた茎が伸び小さな白い花を咲かせます。

夜に花を咲かせて朝にはしぼんでしまいます。

ひとつの花の寿命は短いですがツボミがたくさんつくので数日間は楽しめるとか。

また、花は良い香りがするのが特徴。

例えるならヒヤシンスを優しくしたような香りだそうですよ。

花が咲く条件

一般には、あまり花をつける植物ではないといわれています。

株が大きく育ち充実していると花が咲く可能性が高くなります。

咲き終わったら花茎の元から切り取りましょう。

さいごに

サンスベリア

今回は、サンスベリアの特徴と育て方、伸びすぎた葉が倒れてきた時の対処方法、花を咲かせるコツを紹介しました。

特徴的な葉を楽しむ植物というイメージが強いです。

でも、花を咲かせることもあるんですね。

開花が新聞で紹介されるくらいですから珍しいことなんでしょう。

花後は橙色の丸い実をつけるそうですが、実をつけるのも珍しいことのようです。

耐寒温度は10℃以上ですから寒冷地で育てる場合、冬越しするには防寒対策をしっかりする必要がありそうです。

関連記事
鉢植え植物の管理方法!室内での冬越しポイント

タイトルとURLをコピーしました