ガーデニング初心者向けの基礎知識を紹介しているブログです。初心者向けの植物・雑草対策・害虫対策など管理人の実例もあります。

ガーデニング初心者ブログ 楽して楽しむガーデニング

観葉植物

100均でお馴染みモンステラの育て方!観葉植物で運気アップ!

投稿日:2007年11月17日 更新日:

観葉植物モンステラ

モンステラは、切れ込みが入った大きな葉が特徴の観葉植物です。

ユニークな見た目が面白いのでインテリアとしても人気で室内に飾っている人も多いですね。

実は、モンステラは風水との相性がよい植物なんですよ。家の様々な場所に置くだけで効果が見込めるといわれています。
今回は、モンステラの育て方と運気を上げるためにオススメの置き場所を紹介します。

スポンサーリンク




モンステラとは|特徴

熱帯アメリカが原産、サトイモ科の常緑性多年草です。

ツヤのある濃いグリーンと大きな切れ込みの入った葉の形が独特です。

テーブルや棚の上に置けるような小型のものから80センチもある大型のものまで、いろいろなサイズで楽しめるのも魅力ですね。

引越し祝いや開店祝いのギフト、誕生日プレゼントとしても人気があります。

デリシオーサ、ペルツーサ、ミニマなどの品種があります。

一般に販売されているのはヒメモンステラという種類が多いようです。

ハワイ語でモンステラは「水が湧き出る」という意味をもっています。水が湧き出るように幸運が次々訪れるという言い伝えがあるそうです。

和名はホウライショウ、デンシンラン、ペッサムという別名もあります。

モンステラの鉢植え

モンステラの育て方|冬の室内で管理するコツ

直射日光の当たる所は避けます。

日光の入る窓辺から少し離れた明るい場所に置くようにするとよいでしょう。

比較的暗い場所でも育ちますが、暗い場所に置き続けると間延びして育ってしまい、病気や虫もつきやすくなるで注意します。

水やりは土の表面が乾いてきたらたっぷりと与えます。

週に数回、葉水(霧吹き等で葉に水分を与えること)で湿度を与えます。

乾燥するとカイガラムシが発生することがあります。葉水には、虫がつきにくくなる効果もあります。

緩効性化成肥料を生育期の5~9月に2ヶ月に1回程度与えます。それ以外の時期に肥料は必要ありません。

モンステラは丈夫な植物なので、順調に育っていれば肥料をあげなくても良いでしょう。

冬のモンステラ
元気で冬越しさせるには冬場は外気にさらさず室内に取り込んだほうがよいです。置き場所は暖かく明るい日陰が適しています。

エアコンの風が直接モンステラにあたらないように気を付けることも大切です。

水やりは控えめに乾燥気味に管理します。乾燥が気になる場合は葉水の回数を増やしてようすをみましょう。

モンステラの風水効果

風水効果があるといわれるモンステラですが、方角や置き場所によって効果は変わります。

北の玄関は貯蓄運・信頼運の向上、東南の玄関は金運アップといわれています。

リビングに置くと家庭運が向上します。置き場所は部屋の隅。

寝室の南側に置くと金運と出会い運がアップ。

トイレは健康運を左右するといわれています。狭い場所なので窓際に置くとよいでしょう。葉だけ飾ってもよいです。置く場所がない場合はモンステラ柄のマットを床に敷くのもよいそうです。

100均でも買えるモンステラ

丈夫なので初心者にも育てやすいのが魅力です。

初めてという人は100円ショップのミニサイズから育ててみるのもよいかもしれませんね。

ちなみに、運気アップの効果を願うならモンステラをモチーフにしたカーテンや小物雑貨などのグッズを取り入れるだけでも効果があるそうですよ。

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-観葉植物
-, ,

Copyright© ガーデニング初心者ブログ 楽して楽しむガーデニング , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.