マリーゴールドの育て方

マリーゴールドはキク科の1年草で原産地はメキシコです。「万寿菊」「孔雀草」という別名があります。

4月~10月頃と花が咲く期間が長く、鮮やかなオレンジ・黄色の花が夏の花壇を彩ってくれます。

マリーゴールドには、一重咲き、半八咲き、カーネーション咲きなどがあり、花の大きさも大小が様々あるのでマリーゴールドだけ集めても楽しい寄せ植えになります。

marigold

マリーゴールドは花を楽しむだけではなく、コンパニオンプランツという点からも注目したい植物です。

マリーゴールドの根や茎には、土の中に潜む線虫(センチュウ)という虫を駆除する成分が含まれています。スペースがかぎられて輪作しなければならない所では、土壌消毒の役目を果たしてくれる点も見逃せません。

家庭菜園など野菜作りにも役に立ってくれます。

マリーゴールドと一緒に植えておくと病害虫が発生しにくくなる植物には、キュウリ・ニンジン・トマト・レタス・ジャガイモ・マメ類などがあります。

マリーゴールドの種類

・フレンチ
一般に見かけるカーネーションのような咲き方をします。草丈が30cm前後とコンパクトな株で小輪の花をつけます。

・アフリカン
草丈が50センチほどになり大輪の花をつけます。花径12センチを超す球状の大輪花を咲かせる品種もあります。

・メキシカン
細い切れ葉が特徴的で、和名は「細葉孔雀草」。花径2~3cmの小花をたくさん咲かせます。

マリーゴールドの育て方

マリーゴールドは丈夫で育てやすく、手間がかからないのでガーデニング初心者にもおススメです。マリーゴールドという名の通り黄金色に輝くかわいらしい花が長い間楽しめます。

マリーゴールドは強い直射日光が当たっても大丈夫なくらい日光を好みます。プランターや鉢植えは必ず日当たりと風通しの良いベランダなど戸外に置いて、半日は太陽の光に当てるようにしましょう。

マリーゴールドは、過湿になると根腐れするので乾燥気味にします。土の表面が乾いたら、たっぷりと水を与えましょう。夏は葉ダニ予防のために、ときどき葉の表や裏から水をかけ、洗い流すようにしましょう。

真夏は特に必要ありません。それ以外の季節は固形肥料の置き肥を月1回与えます。チッ素成分の多い肥料を与え過ぎると、葉ばかりが茂って花つきが悪くなります。

マリーゴールドは花がらをマメに摘みとると、次々開花します。フレンチ種は30度以上の高温になる真夏は花数が減ります。1/2から1/3の高さに切り戻すと、初秋に同じように花を咲かせくれ、霜が降りるまで花が咲きます。