シバザクラ(芝桜)の育て方!苗の植え付け間隔や花後の手入れ方法は?

シバザクラ、ピンクの花

シバザクラ(芝桜)は春になると可愛い花を株いっぱいに咲かせる多年草です。

常緑で冬の間も緑の葉が密生するのでグランドカバーとしても人気があります。

シバザクラの特徴と花後の手入れ方法など育て方のポイント、実際に栽培した記録を紹介します。

スポンサーリンク

シバザクラ(芝桜)の特徴

シバザクラ、白い花

シバザクラはハナシノブ科の常緑性多年草で北アメリカが原産地。

葉が芝生のように見え、春はサクラに似た花が咲くことから芝桜と呼ばれるようになりました。

別名、ハナツメクサ(花詰草、花爪草)やモスフロックス(Moss phlox)とも呼ばれます。

開花期:4~5月
草丈:10~15cm

花壇の縁取りや鉢植えに利用されるほか、常緑で地面を覆いつくすように密生するのでグランドカバーとしても人気の植物です。

シバザクラ(芝桜)の育て方

白いシバザクラの花

日当たりと風通しがよい場所が適しています。

植え付けの適期は春~初夏と秋です。

親株からランナー(匍匐枝)をのばし、節々から根を下ろし成長していく植物です。

間隔をつめて植えると成長するにしたがって混みあってしまうので注意しましょう。

隣の株との間隔を15~20cm程度あけて植え付けてください。

鉢植えの芝桜

用土は水はけと通気性のよいものを使います。

鉢植えにする場合は、市販の園芸用土に川砂を1~2割混ぜるとよいでしょう。

庭植えの場合は、あらかじめ、たい肥や腐葉土を混ぜ込んでおきます。

株分けと挿し芽で増やすことができます。

病気と害虫は、ほとんど発生しません。

水やり

庭植えの場合、特に水やりの必要はありません。

鉢植えの場合、土がよく乾いたら鉢底から流れ出るくらいにたっぷりと与えます。

比較的乾燥に強いですが過湿に弱いので水の与えすぎには注意しましょう。

肥料

2~3月頃と花後に緩効性の化成肥料を与えます。

翌年の花付きを良くするために、窒素成分の少ない物を使用します。

植え替え

鉢植えの場合、春か秋に植え替えを行います。

根を傷めないように土を軽く落としたら、一回り大きい鉢に新しい土を足して植え替えます。

同じ大きさの鉢に植える場合は、3分の1くらい根を切り地上部も同じくらい切り取ってから新しい土を加えて植え付けます。

シバザクラの花後の手入れ【刈り込み時期と方法】

芝桜の花後

生長すると葉が混みあって蒸れ、枯れてしまうことがあります。

花が咲き終わったら、梅雨に入る前に刈り込みをしましょう。

多少、花が残っているときに刈り込んでも問題ありません。

風通しがよくなり、株が蒸れるのを予防することができます。

刈り込んだ後の草丈が4~5cmくらいが目安です。

1~2ヶ月すると新芽が生えてきます。

目土(めつち)

芝桜の手入れ

シバザクラは伸びた茎の節目から新しい根を出して増えていきます。

長く育てていると下の写真のように茎が地表面から浮き上がった状態になることがあります。

シバザクラの根元

そこで、1年に1~2回程度、株の上から茎の下半分が埋まるくらいの土をかけます。

これを「目土」と言います。

目土をすることで茎から新しい根が出て新芽が育ちます。

シバザクラの栽培記録

庭のシバザクラ

庭植えで、肥料も与えず、ほったらかしにしていますが春になるとキレイな花を咲かせてくれます。

寒さに強いので寒冷地でも冬越しのために防寒対策をする必要がありません。

霜が降りても雪が積もっても大丈夫です。

私のようなズボラな初心者にピッタリの植物といえますね。

ただ、苗を植え付けた後、しばらくの間は株と株の間に雑草が生えるので草取りが必要でした。

株が大きく育って地面が見えなくなるくらい密集すると、ほとんど雑草の侵入がなくなります。

さいごに(シバザクラの名所・観光スポット)

シバザクラの名所

今回は、シバザクラの特徴と育て方のポイントについて調べたことをまとめてみました。

花壇の縁取りに利用されることが多い植物ですが、広い場所いっぱいに咲いているようすは絨毯のようで圧巻です。

シバザクラの名所は日本全国各地にあり動画でも見ることができます。

でも、一度は実際に訪れて、この目で見てみたいものですね。

関連記事
シバザクラの名所の見頃は?人気の観光スポット【関東】

タイトルとURLをコピーしました