フランネルソウ(スイセンノウ)の特徴と育て方!花後の手入れ方法は?

スイセンノウ(リクニス・コロナリア)

フランネルソウ(スイセンノウ)はシルバーリーフが美しい植物です。

株全体が柔らかい白毛でおおわれているのが特徴。

今回はフランネルソウの花後の手入れなど育て方のポイントと栽培記録を紹介します。

スポンサーリンク

フランネルソウの特徴

スイセンノウ(リクニス・コロナリア)

フランネルソウは南ヨーロッパ原産、ナデシコ科の常緑多年草です。

葉や茎の手触りがフランネルという起毛した布に似ていることが名前の由来です。

別名、スイセンノウ(酔仙翁・水仙翁)とも呼ばれます。

これは、赤い花をほろ酔いの仙人に見立てて名づけられたといわれています。

そのほか、学名のリクニス コロナリア(Lychnis coronaria)で呼ばれることもあります。

ちなみに、フランネルソウに似た名前の「フランネルフラワー」という植物がありますが、全く別の植物です。
↓ ↓ ↓
フランネルフラワーの特徴と育て方!冬期の管理ポイントは?

草丈:50~70㎝
花期:5~7月
花色:赤紫色、白、淡いピンクなど

寒さにも暑さにも強いですが高温多湿は苦手です。

そのため、地域によっては二年草として扱われることもあります。

冬の寒さに当たらないと花を咲かせないので種から育てる場合は開花は翌年になります。

フランネルソウの育て方

スイセンノウ(リクニス・コロナリア)

日当たりと風通しの良い場所で育てます。

乾き気味の環境を好むので植え付ける前に腐葉土や軽石などを混ぜて水はけをよくしておきましょう。

鉢植えの場合は市販の草花用培養土を使うと便利です。

開花期間中は、種とりに必要な分だけ残して花がらをこまめに取っておくと株が長もちします。

病気と害虫は、ほとんど見られません。

水やり

庭植えの場合、特に必要ありません。

鉢植えの場合は土が乾いてからたっぷりと与えます。

肥料

庭植えの場合、与える必要はありません。

鉢植えの場合は、春と秋に与えます。

肥料が多過ぎると倒れやすくなったり根腐れしやすくなるので注意してください。

増やし方

種まき、挿し芽、株分けで増やすことができます。

こぼれ種でも自然に増えます。

花後、種ができた地上部を切り取り適当な場所に振りまいて種をまいておくのもよいでしょう。

10月ころに種まきをすると翌年には花をつけます。

比較的、寿命が短く3年程度で弱ることが多いと言われています。

種や挿し芽で予備の株を用意しておくと安心です。

フランネルソウの花後の手入れ

スイセンノウ(リクニス・コロナリア)

花が咲き終わった後、そのままにしておくと種が出来ます。

種を採取する予定がなければ花が咲いた茎は地面から10cmくらいで切ってしまうとよいでしょう。

茎を切ることで風通しがよくなり蒸れるのを防いでくれます。

冬に入る前に、もう一度、株元近くまで茎を切っておくとロゼット状に広がる葉を残して休眠します。

フランネルソウを育ててみた感想

フランネルソウの花

寒冷地に住んでいますが、地植えで防寒対策をしなくても問題なく冬越しできています。

調べてみたら、冬はマイナス30℃まで耐えるそうです。

放置状態でも花がきれいに咲いてくれるのは嬉しいですね。

こぼれ種から発芽したフランネルソウ

春には、こぼれ種からたくさん芽が出てきましたが花が咲くのは来年です。

それにしても、種がいっせいに発芽しないのは不思議ですね。

以前、植え付けていた場所からひょっこり芽が出てきたのは数年後でした。

タイトルとURLをコピーしました