ガーデニング初心者向けに植物の育て方ポイントや実際に育ててみた体験談・栽培記録を紹介しています

楽して楽しむガーデニング

キンセンカ(カレンデュラ)の特徴と育て方!植え付け時期と方法は?

投稿日:

キンセンカのオレンジの花

キンセンカは鮮やかなビタミンカラーの花を咲かせる植物です。

日本では古くから仏花として使われることが多いお馴染みの花ですね。

実はハーブとしての効果も持ち合わせていてスキンケア用品に使われていることも多いそうですよ。

今回は、キンセンカの特徴と主な種類、育て方のポイントを紹介します。

スポンサーリンク




キンセンカ(カレンデュラ)の特徴と種類

花壇のキンセンカ

キンセンカは地中海沿岸が原産、キク科の1年草、または多年草です。

草丈:10~60cm
開花期:12~5月
花色:黄色、オレンジ

一重咲きのほか、八重咲きの品種もあります。

開花期間が長いのが特徴です。

温暖な地域では秋に植え付けると冬から楽しむことができます。

通常は早春から初夏が花の最盛期となり夏には株が枯れるという生育パターンになります。

花期になると茎の先にオレンジや黄色の花を咲かせます。

キンセンカのツボミ

花は日の光を浴びて咲きはじめ、夜になると閉じる性質があります。

丈夫で育てやすいことから花壇や切り花などに利用されます。

パンジーやビオラと一緒に寄せ植えにするのもオススメです。

こぼれ種でも毎年育ちワイルドフラワーとして利用されることもあります。

関連記事
ワイルドフラワーの種まき時期と方法は?雑草対策に効果はある?

種類・品種

キンセンカの仲間は15~20種ほどが分布しています。

一般に栽培されているのは「トウキンセンカ(カレンデュラ・オフィシナリス種)」です。

漢字では唐金盞花と書き、中国からきた金盞花(きんせんか)という意味だそうです。

日本で作り出された品種や草丈の低い品種などバリエーションが豊富です。

また、「ホンキンセンカ(カレンデュラ・アルベンシス種)」は冬から春の定番植物として昔から親しまれてきました。

冬の寒い時期に次々に花を咲かせることから「冬知らず」の名前で販売されています。

花壇やコンテナに利用するほか、グランドカバーにも向いています。

ハーブとしての効果・効能

日本では観賞用として栽培されていますがヨーロッパでは古くからハーブとして利用されています。

殺菌、抗炎症、粘膜の保護などに効果があり皮膚薬としても使われてきました。

また、乾燥させた花びらはサフランの代用品として食材の色づけに使用されました。

サフランは値段が高く手に入りにくいのでキンセンカは「貧乏人のサフラン」と呼ばれていたとか。

現在では、カレンデュラオイルといって有効成分を溶け出させた精油配合のスキンケア用品やハーブティなどさまざまな用途に使われています。

その他、花は食用花(エディブルフラワー)として料理やサラダの彩りとして使われることも増えているようです。

ハーブとして利用される場合は「カレンデュラ」「ポットマリーゴールド」と呼ばれることもあります。

関連記事
エディブルフラワー(食用花)の種類と特徴!家庭菜園で栽培するコツは?

キンセンカ(カレンデュラ)の育て方

地植えのキンセンカ

日当たり、風通し、水はけの良い場所が適しています。

苗の植え付け適期は10~12月です。

酸性土壌を嫌います。地植えの場合は、あらかじめ苦土石灰を混ぜ込んで、土壌を中和しておきましょう。

さらに元肥として、堆肥や緩効性化成肥料を混ぜ込んでおきます。

植え付ける時の間隔は20~30㎝です。

鉢植えの場合は市販の草花用培養土を使うと簡単です。

65㎝プランターなら4~5株を植え付けます。

種まき

キンセンカのポット苗

種まきから育てることもできます。

9月から10月が適期ですが、寒冷地では春にまきます。

発芽の適温は20℃ぐらい。5~10日で発芽します。

ポットまたは育苗箱などに種をまき、本葉が4~5枚ぐらいになったら花壇や鉢に植えつけます。

水やり

地植えの場合は、特に必要ありません。

鉢植えの場合は、土が乾いたらたっぷりと与えます。

肥料

地植えの場合は、植え付ける時に堆肥と緩効性肥料を元肥として土に混ぜ込んでおきます。

追肥の必要はありません。

鉢植えの場合は、元肥のほか、液体肥料を追肥として10~4月までの間、月に1回くらい与えます。

病害虫

うどんこ病やアブラムシが発生することがあります。

発生した場合は薬剤で対処します。

病気は、日あたり、風通し、水はけをよくして予防に努めましょう。

さいごに

花壇のキンセンカ

キンセンカを漢字で書くと「金盞花」。

「盞」という見慣れない漢字が使われています。調べてみると「杯」という意味があるそうです。

名前は、キンセンカの花が黄金色の盞(さかずき)のような形をしていることから付けられました。

別名、カレンジュラ、ポットマリーゴールドとも呼ばれます。

マリーゴールドといえばコンパニオンプランツとして知られているフレンチマリーゴールドを思い出しますね。

しかし、キンセンカとは別の植物。同じキク科ですが分類される属が違います。

植物の名前については、このように別の植物なのに同じ呼び名がついているものは珍しくないそうです。

とはいえ、まぎらわしいですよね。

キンセンカの花

青森に住んでいる私には夏のお墓参りに使われる花というイメージがあります(私だけ?)。

実際のところ、寒冷地では春に種をまくと夏に花を咲かせます。

今回、調べてみて、一般には寒い時期に花を咲かせる植物であるというのを知って意外な気がしました。

同じ植物でも寒冷地、温暖地といった気候の違いによって、こんなにも開花時期が違うというのは面白いですね。

黄色やオレンジの花色は見ているだけで元気がでてきます。

ワイルドフラワーにも使われるくらいなので丈夫で育てやすいのは間違いありません。

初心者にもオススメの植物だと思います。

関連記事
春花壇に何を植える?初心者にも育てやすい花を紹介!
ガーデニング初心者でも育てやすい!夏から秋に咲く花は?
ガーデニング初心者でも育てやすい!秋から冬に咲く花は?
夏の切花・お盆用の切花に適した植物

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-1年草
-,

Copyright© 楽して楽しむガーデニング , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.