ガーデニング初心者向けの基礎知識を紹介しているブログです。初心者向けの植物・雑草対策・害虫対策のほか管理人の栽培記録もあります。

ガーデニング初心者ブログ 楽して楽しむガーデニング

ジャーマンアイリスって、どんな花?豊富な花色・花形から代表的な種類を紹介!

投稿日:

ジャーマンアイリス

別名「虹の花」とも呼ばれるジャーマンアイリスは、
豊富な花色と花形が魅力の植物です。

初心者でも簡単に美しい花が栽培できることも人気がある理由ですね。

この記事では、ジャーマンアイリスの花色・花形など代表的な種類を紹介します。

スポンサーリンク




ジャーマンアイリスの品種

非常に多くの品種があります。

開花期でみると、一般には4月~5月頃に咲きますが、秋や冬に咲く品種もあります。

花の大きさでは、25cmを越す花を咲かす品種から3~4cm程の小さな花を咲かす品種まで。

草丈も高い品種から鉢植えにピッタリのミニサイズの品種もあります。

また、とても香りの良い品種など多種多様といえるでしょう。

品種名よりも、花色の組み合わせなどから好みの種類を探したほうがよいかもしれません。

ジャーマンアイリスの種類
ジャーマンアイリス 人気品種【選べる12種】 ポット苗(e14)

ショップはこちら ⇒ 千草園芸

ジャーマンアイリスの種類(花色)

緑花以外は黒まで揃うといわれるほど花色が豊富。
上下の花弁の色が違う二色咲きの品種もあります。

花色は上花弁(上部の花弁)と下花弁(下部の花弁)の組み合わせで分類します。
以下に、有名な分類内容の一部を紹介します。

◆セルフ
 上花弁と下花弁が同じ色の花で、一般的な組み合わせです。

◆バイトーン
 上花弁と下花弁が同系色のもの。下花弁が濃い色をしています。

◆リバースバイトーン
 上花弁と下花弁が同系色のもの。下花弁が薄い色をしています。

◆ネグレクタ
 バイトーンの中で、青紫の濃淡がはっきりした組み合わせ。

◆バイカラー
 上花弁と下花弁が別系色の組み合わせ。上花弁の色が濃く、下花弁が薄い色をしています。

◆バイエガタ
 上花弁が黄色、下花弁が別色の組み合わせ。

ジャーマンアイリスの種類(花形・ヒゲ)

【花形】
◆フリル
 波状の花弁

◆ラッフル弁
 花弁が反転するほど強く波打つ華麗な花形

◆レース
 弁端が細かいギザギザで縁取られた気品漂う花弁

【ヒゲ】
◆ホーン(Horn)
 ヒゲの先端が角状に突起したもの

◆スプーン(Spoon)
 ホーンの先端がさらに伸びて花弁化したスプーン形のもの

◆フラウンス(Flounce)
 ホーンの先端が伸びて花弁のようなひだ飾りがあるもの

最後に

ジャーマンアイリスは色の組み合わせが多いので、
選ぶ楽しみはありますが、あれこれ迷ってしまいそうですね。

庭植えするときは、花色がごちゃごちゃしないように
色の組み合わせが美しくなるように気を付けるといいでしょう。

また、豪華な花に目を奪われがちですが、
ジャーマンアイリスの香りにも注目してみたいですね。

スミレに似た匂いといわれます。

庭にたくさん花が咲いている時など、よい香りに癒されますよ。

関連記事
ジャーマンアイリスの育て方!植え替え時期と方法は?
ジャーマンアイリスの花後の手入れ!花茎はどうする?
ジャーマンアイリスの植え替え時期はいつ?株分けの方法は?

参考サイト:hanasakajijii.net

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-宿根草
-, , ,

Copyright© ガーデニング初心者ブログ 楽して楽しむガーデニング , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.