ガーデニング初心者向けに植物の育て方のポイントや実際に育てている植物の栽培記録を紹介しているブログです。

ガーデニング初心者ブログ 楽して楽しむガーデニング

ゲラニウム(フウロソウ)の種類と育て方

更新日:

geraniumu1

ゲラニウム(フウロソウ)の種類と育て方、実際に栽培した記録を紹介します。

スポンサーリンク




ゲラニウム(フウロソウ)の特徴

ヨーロッパ、小アジア、ヒマラヤ~中国南西部が原産地。

フウロソウ科の多年草です。

草丈は、20~60cm。

花色は、ピンク、ホワイト、ブルーから紫、ブラックまで豊富にあります。

高温多湿に弱く、夏が冷涼な地域ほど育てやすいのが特徴です。

ですから、開花期は5~7月ですが、涼しい地域では8月にも花を咲かせます。

ゲラニウムは種類が多く、世界に約400種、園芸品種では500種以上あるといわれます。

ちなみに、日本に自生しているゲンノショウコやハクサンフウロもゲラニウムの仲間です。

多く販売されている品種は、サンギネウム(アケボノフウロ)やファエウム(クロバナフウロ)の系統があります。

また、青紫の花色が爽やかな「ジョンソンズ・ブルー」は古くから親しまれている品種です。

ロックガーデンや低木類の株元などの植え込みにも向いている植物です。

ゲラニウム(フウロソウ)の育て方

苗の植えつけは3~4月もしくは9月中旬~10月が適期です。

地植えする場合は、水はけの良い場所を選んで植え付けます。

水はけがあまり良くないときは、鹿沼土や軽石を入れ庭土と混ぜ合わせてから植えるとよいでしょう。

日当たりを好みますが、品種によっては半日陰でも育ちます。

寒冷地では、植え付け後は、一般的な宿根草の手入れだけで十分に楽しめます。

暖地では、暑さで傷みやすくなるので、夏越しには注意が必要です。

明るい日陰のような気温が上昇しにくい場所で育てるとよいでしょう。

花が一通り咲き終わった初夏に、草丈の高さの1/2ほどまで切り戻しをします。

風通しがよくなり、蒸れも和らぐので、夏越ししやすくなります。

ゲラニウム(フウロソウ)の栽培記録

geraniumu2015

咲き終わると花びらがバラバラと散ってしまうとか、小まめに花がらをとらないといけないとか…。

きれいに咲かせ続けようと思うと、ちょっとばかり手間が掛かるので面倒な植物ともいえます。

とはいえ、放っておいても次から次へと花を咲かせてくれるところが魅力ですね。

青森で育てていますが、水やり以外は放っておいても、問題なく育ちます。

今年の夏から秋にかけて、随分と長い間、花を楽しむことができました。

写真は、9月に入り、花もほぼ咲き終わったので、草丈の半分くらいに切ってしまったところです。

枯れてきた葉を取り除いたら、こんなにスッキリ。

切りすぎてしまったかも?とちょっと心配ですが、これからは寒くなる一方なので大丈夫かなと思います。

鉢植えをもらったのですが、庭植えにも適した植物だそうです。

ゲラニウム201705

天気が良い日をみはからって地植えしてみました。

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-宿根草
-, ,

Copyright© ガーデニング初心者ブログ 楽して楽しむガーデニング , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.