キク

キク

ざる菊の名所と見頃時期!ざる菊に似たドーム型の株姿になる菊の品種は?

ざる菊は丸い形の株に黄、赤、白など色とりどりの花が咲き誇る姿が特徴です。ひとつの株でもインパクトがありますが、数百から数千株のざる菊が咲くようすは絶景ですよ。今回は、ざる菊の名所と見頃時期を紹介します。自宅で同じようなドーム状の菊を育てることができるのかについても調べてみました。
キク

菊の栽培記録まとめ【2018年】

自宅で育てている菊の2018年の記録です。仏壇にお供えするために菊を育て始めました。品種は、夏咲き・お盆咲きのスプレー菊、小菊、二度咲き変わり菊、ポンポン菊です。春に冬至芽を植え付けてから、摘芯、薬剤散布など月ごとの作業、晩秋にポンポン菊が満開を迎えるまでの様子をまとめました。
キク

二度咲き変わり菊1回目の花後の切り戻しと7月の菊の管理【支柱立て】

2017年、菊の栽培記録です。 二度咲き変わり菊の1回目の花が終わった後、2回目の花を咲かせるための切り戻しを行いました。 7月の菊の管理として草丈が高くなったスプレー菊の支柱立てもしています。 二度咲き変わり菊1...
キク

8月咲きスプレー菊と小菊 2回目の摘芯【2017年栽培記録】

2017年の8月咲きスプレー菊と小菊の栽培記録です。2回目の摘芯作業を行いました。 7月上旬に行ったラベンダー、ルドベキア、ガウラの切り戻し作業についても書いています。 8月咲きスプレー菊と小菊、2回目の摘芯 ...
キク

菊の病気と害虫の種類!対策方法は?

菊の病気と害虫の種類、対策方法について調べたことをまとめています。 自宅で育てている菊が「ハモグリバエ」という害虫の被害にあってしまいました。 ハモグリバエによる食害の症状と対策についても書いています。 菊につく害...
キク

菊の新芽(冬至芽)の植え付け作業【2017年】

菊の新芽(冬至芽)の植え付け作業、2017年の記録です。 今年は、5月3~5日に8月咲きキクの新芽(冬至芽)の植え付けをしました。 菊の新芽(冬至芽)は品種で大きさが違う 同じ場所に地植えしていても新芽の伸び方...
キク

二度咲き変わり菊の栽培記録!1年に2回咲かせるポイントは開花後の切り戻し!

6月と10月、1年に2回咲くという二度咲き変わり菊の苗を購入しました。春の植え付けから秋の開花までの栽培記録です。
キク

ポンポン菊の育て方と栽培記録!ポンポンマムとの違いとは?

ポンポン菊の育て方と栽培記録を紹介しています。菊といえば仏壇やお墓にお供えする花のイメージが強いですね。ポンポン菊は丸い花形が可愛らしいことからフラワーアレンジメントに利用されることが多いのが特徴といえるでしょう。ピンポン菊・ポンポンマム・ピンポンマムとの違いについて調べたこともまとめてみました。
キク

お盆咲き菊と秋彼岸用に育てた菊の開花状況・ナメクジ食害【2016年9月】

お盆と秋彼岸に開花時期を迎えるように育てている菊の2016年開花状況です。今年もナメクジ食害にあってしまい100均のナメクジ駆除剤で退治しました。
キク

菊の開花状況とナメクジ食害【2015年】

お盆の仏花用として育てている8月咲きスプレー菊が秋彼岸に満開になりました。菊の開花状況とナメクジ食害について2015年秋の備忘録です。
キク

エディブルフラワー(食用花)の種類と特徴!家庭菜園で栽培するコツは?

食べられる花、エディブルフラワーをご存知ですか?スイーツやサラダなどいろいろな料理に取り入れると見た目がぐっと華やかになりますね。日本でお馴染みの食用花「菊」などエディブルフラワーの種類と特徴、家庭菜園で栽培するコツを紹介します。
キク

早咲き菊苗を通販で購入【2015年5月】

5月の大型連休も終わったので混雑していないだろうと思い、久しぶりにホームセンターに行ってきました。 お目当ては早咲きの菊苗。 数年前に購入したお盆咲きの菊が一部枯れてしまったので補充しようと思ったのです。 ところが...
キク

夏菊・8月咲きスプレー菊の開花状況!10月に見頃を迎える【2014年】

8月咲きスプレー菊が見頃を迎えたのは10月上旬でした。 いくらなんでも8月開花するはずの菊が10月というのは遅すぎる! という気がしないわけではありません。 もともと、お盆のお墓参り用に使う予定だったのですから…。...
キク

8月咲きスプレー菊が咲き始めました【2014年の栽培記録】

お盆の墓参り用に栽培している8月咲きスプレー菊。開花したのは8月下旬でした。2014年の栽培記録・開花状況です。
キク

菊の最後の摘芯時期はいつ?【2014年 栽培記録・2回目の摘芯】

菊の育て方を調べてみると摘芯という作業が必要なことが分かりました。自宅の庭で育てている菊の場合、いつまでに摘芯を終わらせるとよいのでしょうか?最後の摘芯時期と栽培記録を紹介します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました