サルスベリの育て方

sarusuberi
サルスベリはミソハギ科の落葉中高木、中国が原産地です。

樹高は10メートル。7~10月にピンク・赤・白色の花を咲かせます。鮮やかに咲いている紅色の花は、まさに夏の花というイメージですね。

樹皮がなめらかでツルツルしているため、木に登るのが上手なサルでも、すべって登ることができないことから名づけられたサルスベリ。

実際に木をみたことがなくても名前だけは知っているという人が多いのではないでしょうか。

夏から秋にかけて長期間にわたって花を咲かせることから、日本では古くから百日紅(ヒャクジツコウ)と呼ばれています。

道路や公園の植栽に使われたり、シンボルツリーとして庭植えにされることも多いです。

サルスベリの育て方

日当たりがよく、水はけのよい場所を好みます。

十分に花を咲かせるためには、少なくとも午前中の間は日が当たる場所を選びましょう。

植えつけは4~5月と9月が適期です。土質は特に選びませんが、水はけがよい土壌が適しています。

庭植えの場合、基本的に水やりは不要です。ただし、庭植えでも植えつけてから1年未満の株や鉢植えの場合は、土の表面が乾いたらたっぷり水を与えます。

鉢植えでは、夏場の水切れは開花や花もちに影響するので気をつけましょう。

肥料は冬に与えます。

木が若いうちはカイガラムシがよく発生します。また、ウドンコ病が発生することがあります。病害虫が発生した場合は薬剤を散布します。枝を剪定して風通しをよくすることで発生を抑えることができます。

さし木でふやすことができます。適期は2~3月で、剪定した枝を使うことができます。

サルスベリは春に出た枝を伸ばしながら花芽を作っていきます。そのため、剪定は落葉して枝ぶりがよく分かる2~3月中旬に行ないます。

夏の代表的な樹木サルスベリの花が咲き始める

近所の庭に大きなサルスベリの木が植えられているので、夏になるとピンクの花を楽しませてもらっています。

まさに、シンボルツリーにピッタリな樹木だなぁと思いますね。ちなみに、実際にはサルは滑ることなく、簡単に登ってしまうそうですが、実際に登っている動画があるのなら話のタネにみたいものだ、などと思ってしまいます。

アニメ作品にもなった杉浦日向子さんの漫画「百日紅」や囲碁用語のサルスベリなど、いろいろと連想させられることが多いユニークな名前をもっている大好きな樹木のひとつです。