鉢植えポットマム(洋菊)の育て方

potmum
秋になるとホームセンターや園芸店でポットマムを見かけるようになりますね。

鉢植えポットマムの育て方と翌年も草丈を短くして楽しむためのポイントを紹介します。

ポットマム(洋菊)とは|特徴について

ポットマムは、pot(鉢)+ (chrysanthemum (菊)の mum を合わせた言葉。鉢植え用に改良されたキクの総称で、キクの種類ではなくて、キクの仕立て方のひとつになります。

草丈が低い品種が使われますが、最近では矮化剤という茎の伸びをおさえる薬剤を使って草丈が高い品種をポットマムとして販売している場合もあるそうです。

ポットマムの鉢植えの育て方

販売されているものは、花や葉の地上部に対して鉢が小さいことがあります。水切れしやすい場合は、すぐに一回り大きい鉢に植え替えると良いでしょう。

日当たりのよい場所で育てます。午前中に直射日光が当たるぐらいでも大丈夫です。

花は次々と咲きます。終わった花は早めに花がらを切り取りましょう。

水やりは土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。開花中は、水切れを起こしやすいので気をつけます。

開花期は、液体肥料を月2~3回与えます。

花後、地上部が枯れてきたら、3cmほど茎を残して冬越しさせます。

ポットマムを翌年も草丈を短くして楽しむには

キクは短日植物で昼の時間が短くなる秋になってから花芽ができます。春から伸ばしたままだと秋まで花芽ができないので草丈は長くなってしまうのです。

ポットマムの生産業者さんは、苗を植え付けて摘心をすると、すぐに短日処理をして短い草丈で花が咲くようにしているそうです。さらに矮化剤を使って茎が伸びないようにしています。

ですから、薬剤を使って草丈を低くしたポットマムを、そのまま育てていると、翌年は草丈が高くなって開花します。

翌年も短い草丈のポットマムにする方法を調べてみると

・5月の大型連休のころに草丈の1/3程度を残して切り戻す。
・8月になってから挿し芽をする。
というやり方があることが分かりました。

芽の先端を摘むことを摘心といいますが、この摘心を繰り返すと枝数がふえ、花芽がたくさんつきます。

我が家のキクは、毎年、花が咲く頃には草丈が高くなって倒れそうになります。来年は短い草丈で咲くようにしてみたいですね。

⇒ キクに関する記事一覧