サイネリアの育て方

サイネリアはキク科の多年草でカナリア諸島が原産です。正しくはシネラリア(cineraria)ですが、「シネ(死ね)」という語感が悪いので「サイネリア」と呼ばれることが多いようです。ペリカリス、フウキギク(富貴菊)、フキザクラ(富貴桜)という別名があります。

花つきがよく長期間咲くので、冬を代表する鉢花として親しまれています。もともとは毎年花を咲かせる多年草に分類されますが、高温多湿に弱く日本では夏越しが難しいので、一年草として扱われています。

一重のほかに、蛇の目咲きやグラデーション咲き、縁咲きなど咲き方に変化が多く、花色も紅・青・紫・黄・白など豊富です。

寒さにはある程度耐えますが、霜や寒風に弱いので、主にプランターや鉢などで栽培されています。

サイネリアの鉢花を購入したら、冬は室内の日当たりの良い窓辺などに置きます。暖房の風が直接当たったり、室温が高すぎたりすると花もちが悪くなったり弱ったりするので注意しましょう。理想としては、日中25℃以下で夜間5~7℃を保てればよいですが、室内で1~2℃程度の低温までなら大丈夫です。氷点下になると枯れてしまいます。

水やりは鉢土の表面が乾き始めたら、たっぷりと与えます。たくさんの花を咲かせるので水切れに注意しましょう。花に水がかからないように、株元に静かに水を与えるようにします。

咲き終わった花や傷んだ葉は、早目に摘みとりましょう。そのままにしておくと灰色カビ病などが発生しやすくなります。

開花期間が長く、肥料を絶えず必要とします。1000倍に薄めた液肥を、水やりがわりに月に2~3回与えるとよいでしょう。

開花が終わったら、わき芽がある位置まで強く切り戻し、一回り大きな鉢に植え替えると、もう一度花を楽しむことができます。その後は、一年で枯れてしまうので植え替えの必要はありません。

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ