ガーデニング初心者向けの基礎知識を紹介しているブログです。初心者向けの植物・雑草対策・害虫対策のほか管理人の栽培記録もあります。

ガーデニング初心者ブログ 楽して楽しむガーデニング

鉢花を冬の室内で栽培するときのポイント!置き場所はどこ?

更新日:

sikuramennotubomi

冬の鉢花として人気の高い植物には、
シクラメンやシネラリア、プリムラ、カランコエ、
シンビジユウム、ポインセチアなどがありますね。

寒さには比較的強いとはいいますが、
強い寒さに当てると株が弱ったり
花が傷んだりすることがあります。

冬に花を咲かせる鉢植えの植物について、室内栽培のポイントを紹介します。

スポンサーリンク




冬の鉢花、室内での置き場所は?

その植物が快適に過ごせる環境に置くことが
長く花を楽しむコツです。

置き場所は、室内の明るい窓辺、日光が良く当たる場所が適しています。

ただし、エアコンの温風が直接当たらないように気を付けましょう。

寒暖差が大きい冬場は温度管理にも注意が必要です。

暖房が効きすぎて室温が25℃以上になってしまう
部屋に置くと花が早く傷んでしまいます。

また、夜の室温が低すぎても株が弱くなってしまいます。

窓辺は日中は暖かいですが夜になると冷え込みます。

夜間は部屋の中央に移動させるか
鉢植えにダンボール箱をかぶせる
などして寒さ対策をしましょう。

冬の水やりは、植物の種類によって、やり方や量なども様々です。

水を与え過ぎなど、ちょっとしたミスで弱ったり枯れたりすることがあります。

花に水がかかると病気の被害を受けやすいものや、
乾燥に弱く、用土が乾燥するとすぐにしおれ、
花を傷めてしまうものもあります。

冬の鉢花を室内で上手に管理するには

冬は庭のガーデン作業が少なくなり、
鉢花を室内に飾って楽しむことが多くなりますね。

冬の鉢花は、温室で育てられ、少し開花を始めた状態で
出荷されるので、環境の変化に弱いのといわれています。

家に持ち帰って、すぐに枯らしてしまったという
経験をしたことはありませんか?

温室栽培の鉢花は、日光が当たらず温度も湿度も低い室内に
置くと急に弱ってしまうことがあるそうです。

植物によって、耐寒性は大きく異なります。

熱帯産の植物は、10℃前後以上の温度に保たないと
寒さで株が弱り枯れてしまうものもあります。

せっかく買った鉢花が、すぐに枯れてしまったら悲しいですよね。

鉢花を購入したら、置き場所や水やりに注意して、春まで花を楽しみましょう。

関連記事
アザレアの育て方
エリカの育て方
カランコエの育て方
サイネリアの育て方
シクラメンの育て方(冬から春)
シャコバサボテンの育て方・手入れ
セントポーリアの育て方
プリムラの育て方
ポインセチアの育て方

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-室内で楽しむガーデニング
-, , ,

Copyright© ガーデニング初心者ブログ 楽して楽しむガーデニング , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.