アジサイ(紫陽花)の育て方

アジサイ(紫陽花)は、ユキノシタ科(アジサイ科)の落葉低木です。

梅雨の季節を象徴する花であるアジサイには、多数の品種があり、ガクアジサイ、ヤマアジサイ、アジサイ、タマアジサイ、コアジサイ、西洋アジサイなどに分類されます。

ajisai0

アジサイは一見すると小さな花が密生して半球形の花を形成しているように見えます。

しかし、青やピンクの色がついているのは花を守るガクという部分で、その中心にある小さな点が花になります。

アジサイの色は地質によって異なり、土壌が酸性だと青色が強くアルカリ性だと赤色が強くなるという性質があります。

アジサイは、丈夫で大変育てやすいのでガーデニング初心者にもオススメの植物だと思います。

ajisai1

アジサイは、日当たり~半日陰の場所で育てます。

用土は、庭木が育つ土なら問題はありません。強いていえば、やや粘土質の多い土に腐葉土などの有機質が含まれた酸性寄りの土が適しているといえます。

植え付けの適期は、2~3月と11~12月です。植える穴を大きめに掘って堆肥や腐葉土をすきこんで高めに植えつけます。

湿り気のある場所を好むので、夏場は水切れさせないように注意しましょう。

肥料は、お礼肥といって花が終わった後と12~2月頃の寒肥、年に2回与えます。

アジサイは、株分けと挿し木で増やすことができます。

株分けは2月中旬~3月と11~12月頃にします。

挿し木は、6~7月上旬に今年生の枝を2節(6~8cmくらい)、切り取って土にさします。

湿度の保てるところなら、直接、土にさしても、プランターでも、日陰にしてやれば充分つきます。

最初からは肥料は加えないこと、根がでる1ヶ月ぐらいは日陰にして乾かさないように水やりを充分にすることがポイントです。

特に注意する病虫害は少ないですが、ハダニがつくこともあります。

緑の葉が、まだら状に黄褐色になり、しだいに赤褐色になるようならハダニが原因と考えられます。

早めに殺ダニ剤で駆除します。

アジサイは 年々新梢の頂部に花をつけます。

新芽と、今年の開花枝の2~4節目の腋芽が9~10月に花芽となります。

花後早め7月中に花を切り詰めても(下から2番目の節より上部まで)、翌年も開花するはずです。

株全体を小柄にしたい時や形を変えたい時には花を1年あきらめて3~4月ころ強く剪定します。

アジサイには今年伸びた枝に花芽をつけるタイプの品種もあります。

アナベルという品種は、春先に前年枝を強く剪定しても大丈夫なので管理も簡単。寒さにも強いので冬越しも楽です。

初めて育てるアジサイとしてオススメの品種といえるでしょう。

☆☆花&植物☆☆ – livedoor Blog 共通テーマ

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ