ガーデニング初心者向けに植物の育て方ポイントや実際に育ててみた体験談・栽培記録を紹介しています

楽して楽しむガーデニング

ハナモモ(花桃)の特徴と種類、育て方!剪定時期と方法は?

更新日:

ハナモモ(花桃)

ハナモモ(花桃)はモモ(桃)の種類のひとつ。花を観賞するために品種改良された樹木です。

日本では古い時代から栽培され、ひな祭りの花としても親しまれていますね。

今回は、ハナモモの特徴と種類、剪定時期・方法など育て方のポイントを紹介します。

スポンサーリンク




ハナモモの特徴と種類

ハナモモ(花桃)

ハナモモは中国北部原産のバラ科の高木です。

樹高:3~5m
開花期:3月中旬~4月中旬
花色:白、赤、ピンク

春に花が咲き夏になると実をつけます。

落葉性なので冬になると葉は落ちてしまいます。

観賞用と食用のモモ

中国原産のモモが日本へやってきたのは、はるか昔。

「古事記」にも登場しているそうですから、本当に古い時代です。

ただ、当時は花を観賞するために栽培されていたのだとか。

現在のように食用のモモが普及し始めたのは明治時代になってからです。

出典:ももの歴史と主な品種/農林水産省

花を観賞する種類は果実を食用とする「実桃」と区別するため「ハナモモ(花桃)」と呼ばれています。

食用のモモの花は、その名前の通りに桃色(ピンク)をしています。

ハナモモの花は桃色の他に白や赤があり1本の木から赤と白の花が咲く「咲き分け」の品種もあります。

ちなみにハナモモの実は小さくて食べることはできません。

ハナモモの実

樹形は次の4つに分けられます。

・箒性:ホウキの先に似ている
・立性:上に向かってまっすぐ伸び樹高が高くなる
・矮性:あまり大きくならない
・枝垂れ:枝がたれ下がる

種類・品種

◆ヤグチ(矢口)

ハナモモの代表的な品種。樹形は立ち性。

ヤグチモモ(矢口桃)とも呼ばれます。

3月の桃の節句の頃に八重咲きのピンクの花を咲かせます。

ひな祭りに飾るモモの花として人気があります。

◆ゲンペイ(源平)

1本の木から赤と白の花が咲く八重咲きの品種。

1輪の花が赤と白が交じったしぼり模様になることもあります。

年によって赤花が多かったり白花ばかりになることもあります。

樹形は枝垂れ性。

江戸時代からあるモモの品種で、源平の合戦のごとく競うように色咲くことから、この名になったと言われています。

◆テルテモモ(照手桃)

八重咲きの品種。

ほうきを逆さにしたような樹形で枝が横に伸びないので狭い庭でも育てることができます。

◆キクモモ(菊桃)

キクのように細い花びらが特徴の品種です。

ピンクの八重咲き。

◆カンヒトウ(寒緋桃)

八重咲きで濃いピンクの花を咲かせる品種。

樹形は立ち性。

◆カンパク(関白)

八重咲きで白い花を咲かせる品種。

「寒白」と書くこともあります。

ハナモモの育て方

満開のハナモモの花

日当たりのよい所で育てましょう。

苗木の植え付けは厳寒期を除く落葉期に行います。

適期は11~12月、または2~3月です。

水やり

地植えの場合、植え付け後は根付くまで乾かし過ぎないように注意しますが、その後は必要ありません。

鉢植えの場合は鉢土の表面が乾いたら与えます。

肥料

2~3月の落葉期と花後に、緩効性化成肥料を与えます。

病害虫

うどん粉病、アブラムシ、カイガラムシなど病害虫の被害が多いです。

病気、害虫、ともに発生したら早めに薬剤で対処しましょう。

定期的に殺虫、殺菌剤を散布するとよいです。

ハナモモの剪定時期と方法

ハナモモのツボミ

剪定は、花後、できるだけ早い時期に行いましょう。

ハナモモは、春から伸びた枝に7月頃から来年咲く花芽をつけます。

夏以降に剪定すると花芽を切ってしまうので注意してください。

ひこばえや主幹から芽吹いた小枝は見つけしだい切り取りましょう。

落葉期の剪定は、枯れ枝や重なった枝を切る程度にします。

剪定の方法

花が咲いた枝の元のほうに2~3個の葉芽があるので、この葉芽の上で切ってください。

こうすると、その葉芽から枝が伸びて、夏につけた葉の付け根に複数の花芽ができます。

樹高を低く整える

成長は早く剪定しないで放っておくと思っている以上に大きくなります。

また、枝の先のほうの葉芽から枝が伸びて、その伸びた枝に付いた葉の根元にしか花芽ができません。

枝の下のほうには花が咲かず、全体として花数が少なくなってしまいます。

剪定をすることで樹高を低く抑えることができます。

【剪定の役割】
・花をたくさん咲かせる
・樹形を整える
・木の大きさを制限する

さいごに

ハナモモの花

今回は、ハナモモの特徴と種類、剪定時期・方法など育て方についてまとめてみました。

近所で梅と桜は庭木でみかけることが多いですが、モモの木はみかけたことがありません(青森県在住)。

ひな祭りシーズンに花が咲いた枝が園芸店で販売されているのをみるくらいなので馴染みがうすい花木といえます。

食用のモモ栽培の北限は山形県だそうです。

青森県でハナモモの庭植えは一般的ではないのかもしれませんね。

ちなみに、現在、津軽地方では食用のモモの栽培がさかんになっていると新聞記事で紹介されているのをみました。

平川市、黒石市、田舎館村を中心に「津軽の桃」というブランドができているようです。

桃の収穫体験は人気があり多くの人が訪れるのだとか。

なので、ハナモモを地植えで育てることは可能だと思います。

ただし品種を選ばないと樹高が高くなって手入れが大変かもしれません。

花も実も楽しめる品種があるというので調べてみました。

「照手水密(てるてすいみつ)」はハナモモと実桃の交雑品種。

樹形は枝垂れ性。

樹高は1~2mでコンパクトにまとまり鉢植えでも栽培できるそうです。

1本の木に赤と白の花が咲くゲンペイ(源平)にも惹かれるのですが…。

「花より団子」というわけで花も実も楽しめる品種を栽培できたらいいなと思っています。

関連記事
早咲き桜の種類・品種・特徴は?開花時期と名所も紹介
鉢植え花梅の育て方!花が咲き終わった後の剪定方法は?
庭木の剪定時期はいつ?庭木の種類別、剪定時期一覧を紹介!

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-庭木
-,

Copyright© 楽して楽しむガーデニング , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.