袋栽培で野菜を育てる方法は?【培養土の入った袋を使ったミニトマトの栽培記録】

袋栽培

袋栽培とは、名前のとおり、鉢やプランターの代わりに丈夫な袋を使って野菜を育てる方法です。

培養土が入った袋をそのまま利用できるのでプランターがなくても苗さえ用意すれば簡単に栽培できます。

庭がなくても手軽に家庭菜園を楽しめるのが嬉しいですね。

今回は袋栽培で野菜を育てる方法と培養土の入った袋を使ったミニトマトの栽培記録を紹介します。

スポンサーリンク

袋栽培で野菜を育てる方法

ポット苗

袋栽培に向いている野菜

基本的に鉢やプランターで育てることができるものなら大丈夫です。

・トマト、キュウリ、ナス、ピーマンなどの夏野菜
・ダイコン、ゴボウなどの根菜類
・ジャガイモやさつまいもなどのイモ類

その他、ゴーヤーを袋栽培して緑のカーテンにすることもできます。

一般に、植え付けは霜が降りる心配がなくなる5月上旬が適しています。

その前に植え付ける場合は霜よけ・保温に注意が必要です。

手順と方法

培養土の袋を使ってそのまま苗を植え付ける方法を紹介します。

・袋を2~3回地面について土を下側に寄せて安定させる

・袋を切って開いたら切り口を2回ほど折り返しておく

・ハサミなどで排水用の穴をあける(地面から10㎝ほどのところまで10カ所くらい)

・ポット苗を取り出す

・袋の土に苗が入る穴をあけて植え付ける

・支柱を立てて麻ひもなどでゆるく結んで固定しておく

・水やりは袋の下から水が流れ出るまでたっぷりと

植え付け後の管理

日当たりのよい場所に置きます。

袋は熱が伝わりやすいので下にレンガを置く、スノコを敷くなどして暑さ対策をします。

水やりは土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。

袋栽培のメリット・デメリット

プランター栽培

コストがかからない

袋栽培には、培養土の入った袋、米袋、肥料袋、土のう袋などを使います。

新たに鉢や大型プランターを購入する必要がありません。

移動・片づけがラク

野菜栽培に使う鉢やプランターは大型で重いので置き場所を変えようとすると大変です。

その点、袋なら持ち運びも簡単。

収穫後の片付けも手軽にできます。

狭い場所でも育てられる

袋を置くわずかな場所があればベランダや玄関先でも育てられます。

デメリットは?

強風に耐えられません。

風が当たらない場所に置くようにしましょう。

培養土の入った袋を使ったミニトマト栽培記録

カゴメのミニトマト苗

カゴメのミニトマト苗

2020年5月2日、ミニトマトの袋栽培を始めました。

使用した苗はカゴメのブランド苗。

培養土の入った袋でミニトマト栽培

14L入りの培養土が入った袋をそのまま使いました。

ミニトマトの脇芽

5月下旬、わき芽が伸びてきたので取り除きました。

植え付け後、気温が低い日が続いたり強風で葉がちぎれてしまうなどアクシデント続出。

5月の生育はあまりよくありません。

ミニトマト栽培の方法についてはコチラの記事に書きました。
↓ ↓ ↓
ミニトマトの育て方!摘芯・わき芽かきのタイミングと方法は?

さいごに

数年前にミニトマトを地植えで育てたことがありますが少ししか収穫できませんでした。

袋栽培という育て方を知り、もう一度育ててみたくなったので調べたことをまとめてみました。

基本的に水やりだけで簡単に育てられるというのが嬉しいですね。

一株からどれくらい収穫できるのか楽しみです。

タイトルとURLをコピーしました