ガーデニング初心者向けに植物の育て方ポイントや実際に育ててみた体験談・栽培記録を紹介しています

楽して楽しむガーデニング

鉢上げ(ハチアゲ)の目的と方法は?実生ツバキとモミジの鉢上げ【栽培記録】

更新日:

ツバキの盆栽

冬越しのため地植えしていた実生ツバキとモミジを鉢植えにすることにしました。

鉢上げの目的と方法、注意点について調べたことをまとめています。

スポンサーリンク




鉢上げ(ハチアゲ)の目的と方法は?

鉢上げとは、挿し木したり種をまいて育てた苗を鉢に植え替える作業のことをいいます。

また、地植えで育てている植物を鉢に植え替えることも鉢上げといいます。

目的と方法

・一時的な場所としてとりあえず鉢植えにする
・冬の寒さを避けるため掘り上げて鉢に植え替え軒下や屋内で越冬させる

植物の種類により目的・用途はさまざまです。

ちなみに、鉢植えで育ててきた植物を一回り大きな鉢に植え替えることは「鉢替え」といいます。

鉢替えは、根詰まり解消、用土消耗解消が目的です。

適期は植物の種類によって異なりますが一般に春と秋に行われることが多いようです。

注意点

基本的には以下のことに気をつけるとよいでしょう。

・大きすぎる鉢を選ばない
・鉢上げ後の数日間は、直射日光の当たる場所は避け、風が当たらないところに置く
・成長に合わせて大きな鉢に植え替える

実生ツバキとモミジの鉢上げ【栽培記録】

10月中旬、庭に植えていた実生のツバキとモミジを掘り上げて鉢植え(鉢上げ)にしました。

もともと、実生苗を育てようとしたわけではありません。

正確にいえば庭木のツバキから落ちた実から自然に発芽したツバキと近所のモミジの木から飛んできて芽を出したモミジです。

春から初夏にかけて、偶然、我が家の庭で芽を出した植物たちです。

無事に大きく育つのかなと興味津々で見守ってきました。

もうすぐ、冬がやってきます。

地植えのままで雪囲いをして冬越しさせるという手もあります。

しかし、冬の間は積雪が1mくらいになるため、小さい木は完全に雪に埋まってしまいます。

雪の重みでつぶれてしまう可能性があるんですよね。

実際、小さい庭木を雪の重みでつぶした経験があります…。

寒さには耐えられるはずなので、鉢植えにして屋外に置く予定でいます。

11月下旬には他の鉢植えと一緒に軒下に移動させようと思っています。

掘り上げてみたらモミジの根は思ったよりも随分と地中深くまで伸びていました。

hatiage01

それに比べるとツバキの根は短めです。

hatiage02

地上部分が、モミジは20cm以上、ツバキは10cm未満。

地上部分と地下部分が比例しているということなのかな?と興味深く思いました。

関連記事
モミジを種から育てる方法!盆栽仕立てで楽しむ
鉢植えカエデの育て方|カエデとモミジは違うもの?
実生ノムラモミジの盆栽の作り方【初心者向け】

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-庭木
-, , , ,

Copyright© 楽して楽しむガーデニング , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.