ガーデニング初心者向けに植物の育て方のポイントや実際に育てている植物の栽培記録を紹介しているブログです。

ガーデニング初心者ブログ 楽して楽しむガーデニング

ノウゼンカズラの育て方!剪定時期や方法は?

更新日:

noozenkazura

ノウゼンカズラは夏の暑い盛りに
元気よく濃いオレンジ色の花を咲かせる植物です。

ノウゼンカズラの剪定時期・方法など
育て方のポイントを紹介します。

スポンサーリンク




ノウゼンカズラの特徴

ノウゼンカズラ科の落葉性つる植物で
原産地は中国です。

つるが長く伸びていき
他のものに付着する気根を出しながら
木や壁を這い上ります。

花期は7~8月。

夏の暑い盛りに、ひときわ目を引く
オレンジ色の花を次々と咲かせます。

ひとつひとつの花は短命ですが、
花期の間、花は次々と開花します。

平安時代の「本草和名(ホンゾウワミョウ)」に
ノウゼンカズラの古名「乃宇世宇」の記載があり
古くから庭木として親しまれてきた植物です。

耐寒性、耐暑性が高く、東北地方以南であれば植栽可能です。

ノウゼンカズラの育て方

日当たりと水はけの良い場所で育てます。

真夏の直射日光が当たるところでも問題なく育ちます。

日当たりが悪いとツボミが落ちたり、花が咲きません。

大きく育つので地植えが適しています。

茎はどこからでも伸びるので、
植える場所には注意が必要です。

つるが巻き付けるような木やフェンス、
トレリス、ポールなどを周囲に
用意しておきましょう。

鉢植えで育てたい場合は、小型の品種を選ぶとよいでしょう。

水やりは、庭植えの場合は必要はありません。
鉢植えの場合は、土の表面が乾いたら
たっぷりと与えましょう。

用土は有機質に富む肥えた土を好みます。

肥料は、寒肥として2~4月の間に
緩効性化成肥料や骨粉入りの固形の油粕を与えます。

挿し木で増やすことができます。

病害虫は、特に心配はいりません。

ノウゼンカズラの剪定時期と方法

noozenkazura02

生育が旺盛で、放っておくとツルが
どんどん伸びて近くのものに絡みつき
収拾がつかなくなります。

ですから、剪定は毎年行うようにしましょう。

剪定は花芽が付く前の落葉時期
1月~2月に行います。

主幹から伸びる脇枝の細い枝を切り落とし
太い枝は短く切り戻します。

作りたい形や誘引を繰り返しながら形を整えます。

ノウゼンカズラの花が咲かない原因

花が咲かない原因としては、
肥料が多すぎて葉や枝に養分が回ってしまった
ことや、春先に伸びた枝を剪定して花芽を
切ってしまったことが考えられます。

また、ノウゼンカズラは、幹がある程度の太さに
ならないと花をつけないといわれています。

ですから苗を植え付けてから2~3年は
なかなか花が咲かないことがあります。

過湿は嫌いますが、花期に水を切らすと
花が咲かなくなるので気をつけましょう。

さいごに

近所の庭では毎年ノウゼンカズラが咲くので
通りがかりに見るのが楽しみ。

南国風のオレンジ色の花は、まさに
ビタミンカラーと呼ぶのにピッタリ。

気持ちが明るくなって元気がでてきますね。

ちなみに、我が家の夏のオレンジ色の花といえば、
モントブレチアがあります。

今、真っ盛りに咲いています。

関連記事
モントブレチア(クロコスミア)の育て方

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-庭木
-, ,

Copyright© ガーデニング初心者ブログ 楽して楽しむガーデニング , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.