ガーデニング初心者向けに植物の育て方のポイントや実際に育てている植物の栽培記録を紹介しているブログです。

ガーデニング初心者ブログ 楽して楽しむガーデニング

カーネーションの育て方!夏越し・冬越しのポイントと来年も花を咲かせる方法は?

更新日:

カーネーション

プレゼントされたカーネーションの鉢植えが
元気がなくなって枯れそうになってしまったら
大変ですよね!

カーネーションの基本的な育て方と
夏の手入れポイント、冬越し方法を紹介します。

スポンサーリンク




カーネーションの特徴

ナデシコ科の多年草で、
南ヨーロッパ・西アジアが原産地です。

別名、オランダセキチク・ジャコウナデシコ・
クローブピンクとも呼ばれます。

草丈:10~30cm。
開花期:4~6月。四季咲き性は秋(9~10月)にも花が咲きます。

多くの園芸品種がありますが、系統的には3種類があります。

1茎に1輪の花を咲かせる「スタンダードカーネーション」
枝分かれをして複数の花が咲く「スプレーカーネーション」
鉢植えタイプ「ポットカーネーション」の3つです。

花色は、赤、白、ピンク、黄、紫、オレンジなど豊富です。

色が違えば花言葉の意味も違ってきます。

例えば、赤やピンクのカーネーションには
「母への愛」「感謝」「温かい心」といった
花言葉があります。

白いカーネーションには「尊敬」
紫色のカーネーションには「気品」
黄色のカーネーションには「友情」
となります。

カーネーションの育て方

カーネーション

地植えでも育てられますが、高温多湿は苦手なので
雨を避けられる鉢植えのほうが育てやすいです。

ここでは、鉢植えの基本的な育て方を紹介します。

日当たりと風通しが良く、
雨などが直接かからないところに置きましょう。

ただし、高温多湿に弱いので、
夏は直射日光を避けて風通しの良い
半日陰の場所に移動させましょう。

水やりは土が乾いたら、たっぷりと与えます。

花やツボミは水に弱いので、
株元に直接、水をかけるようにします。

肥料は、液体肥料を1週間に1回与えるか、
緩効性の化学肥料を1ヶ月に1回程度与えます。

花後は花がらを摘み取りましょう。

そのままにしていると、灰色カビ病が発生する恐れがあります。

灰色カビ病とは別名ボトリチス病とも呼ばれ、
湿度の高い梅雨時期に多く発生します。

花びらに褐色の斑点ができたり、葉や茎にカビが生え、
最終的に枯れてしまいます。

また、アブラムシは、
新芽や葉の裏にくっつき、株を弱らせてしまいます。

春から秋にかけて発生するので
見つけ次第、早急に駆除することが大切です。

挿し芽で増やすことができます。

適期は、梅雨時と秋(9~10月)です。
新しく出てきたわき芽を切り、2~3時間
水あげをしてから土に挿します。
20日位で発根するので鉢に植え付けましょう。

カーネーションの夏越し・冬越しのポイント

25℃以上になると花つきが悪くなるので
夏の時期は咲きやむのが一般的です。

また、30℃を超すと生育にも悪影響を
及ぼしてしまう恐れがあるので、
夏の手入れは重要なポイントとなります。

高温多湿に弱いので、
夏場は室内にとりこんでおくか、
半日陰で風通しがいい場所へと
移動させておきましょう。

生育が弱っている時期なので、肥料は与えません。

【冬越し方法】
室内であれば日当たりのよい温かな場所に、
ベランダであれば寒風と雨を避けられる場所に置きましょう。

夏と同じように、冬も肥料を与える必要はありません。

カーネーションの鉢植えが枯れる原因

プレゼントされた鉢植えを枯らしてしまった
ことはありませんか?

考えられる原因には次のようなことがあります。

【ラッピングをはずさないで飾る】
カーネーションは多湿が苦手な植物です。
ラッピングをしたままだと、鉢植えが蒸れてしまい
最悪、枯れてしまいます。

【根詰まり】
お店で販売されている時点で、
既に根が鉢全体に回って窮屈になっている
(根詰まり)可能性があります。

そのままにしているとカビやすくなり、
株が傷んでしまいます。

【咲き終わった花をそのままにしている】
咲いていた花がしぼんできたら摘み取りましょう。

そのままにしていると病気が発生する原因になります。

また、カーネーションはツボミはたくさん出来るのですが、
出来たツボミが必ずしも咲くとは限りません。

中がカラのツボミがたくさん出来る性質があります。

外から押してみて中がカラのツボミは
切り取っておきましょう。

カーネーションの鉢植えを来年咲かせるポイント

鉢植えを長く楽しむには、切り戻し・植え替えが
必要となります。

花が、一通り咲き終わったら「切り戻し」をしましょう。

具体的には、
1/3ほどの高さになるように茎を切ります。

この時に、鉢が小さいようであれば植え替えをしましょう。

鉢から抜いたら、

根をいじらずに静かに抜いたら、
一回りひとまわり大きな鉢に移し、
周りに新しい培養土を足しておきます。

1週間に1回を目安に液肥を与えておくと
秋に、花がもう一度咲く場合があります。

さいごに

今回は、母の日にもらったカーネーションを
育てる方法を紹介しました。

最近は、切り花でなく鉢植えのカーネーションを
贈るという人が増えているそうです。

でも、

プレゼントされた鉢植えのカーネーションが
枯れてしまいそうになると困ってしまいますね。

カーネーションは花がら摘みなど、毎日のちょっとした
手入れで長く楽しむことができます。

夏には涼しい場所に移動させる、
花が咲き終ったり切り戻しや植え替えをする
冬は暖かい場所におく

ということに気をつけて、
来年も花を咲かせられるといいですね!

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-宿根草
-, , ,

Copyright© ガーデニング初心者ブログ 楽して楽しむガーデニング , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.