ガーデニング初心者向けに植物の育て方ポイントや実際に育ててみた体験談・栽培記録を紹介しています

楽して楽しむガーデニング

グリーンネックレスの育て方!枯れる原因と対処法は?

更新日:

グリーンネックレス

グリーンネックレスはコロコロとした葉が可愛い植物です。

植え替え時期や増やし方、枯れてきた時の対処法など育て方のポイントを紹介します。

スポンサーリンク




グリーンネックレスの特徴

グリーンネックレスの花

アフリカ南西部が原産のキク科のツル性多肉植物です。

細い茎に丸いボールのような葉がついている様子が特徴的ですね。

グリーンネックレスという名前はネックレスのように見えることから付けられました。

別名、ミドリノスズ(緑の鈴)とも呼ばれます。

タンポポに似た感じの白い花を咲かせます。

ネックレスのようにどんどんと伸び、垂れ下がるよう成長していきます。

吊り鉢、又は、高さのある鉢から垂らす感じに植えつけるとよいでしょう。

風水では「恋愛運をアップさせる」「良縁を育む」といわれていることから若い女性にも人気があります。

品種


グリーンネックレスの仲間には斑入りの品種があります。

その他に、同じキク科ですが属が違う「ルビーネックレス」というのもあります。

グリーンネックレスの育て方

グリーンネックレス

屋外で日当りと風通しが良く、雨に当たらない場所で育てましょう。

ただし、夏場は、直射日光を避け半日陰の風通しの良い場所に移動させます。

家の中にずっと飾っていると日光不足と風通しの悪さから枯れてしまうこともあるので注意しましょう。

病害虫は特にありません。

比較的、寒さに強いですが、寒冷地では室内に取り込んで冬越しします。

関連記事
多肉植物の冬越し!東北地方の寒さ対策のポイントは?

水やり

水やりは、少なめにして乾かし気味に育てます。

少しくらい水やりを忘れても枯れるようなことはありません。

葉が黄緑っぽくなったり元気がなくなった場合は、水の与え過ぎが原因のこともあります。

水やりは、鉢土全体が乾いてから、たっぷりと与えるのがポイントです。

目安としては月2回程度、冬は月1回くらいです。

肥料

春と秋に液体肥料を与えます。

植え替え

1~2年に1回行ないます。
4月上旬から梅雨入り前まで頃が適期です。

グリーンネックレスの増やし方

グリーンネックレス

挿し木で増やせます。

長く伸びたツルを途中で切って土の上にのせておきましょう。

簡単に根付いて増えてくれますよ。

用土は特に選びませんが、通気性がよく水はけの良いことがポイント。

赤玉土の小粒や中粒などがよいでしょう。

サボテン用の培養土を使うと便利です。

また、水差しという方法でも増やすことができます。

挿し木の時と同じように切ったツルを水を入れたコップなどに挿しておきます。

水は毎日取り換えましょう。

1~2週間もすれば根がでてきます。

充分に根が伸びたら挿し木と同じように鉢に植え付けましょう。

グリーンネックレスが枯れる原因と対処法

枯れる原因として次のようなことが考えられます。

・根腐れ

 水を与えすぎると根腐れで枯れることがあります。

・葉焼け

 夏場の直射日光が当たると葉焼けを起こして枯れることがあります。

・日光不足

 日当たりの悪い室内などに置きっぱなしにしていると枯れてくることがあります。

・風通し

 茎や葉が密集してくると水やり後は蒸れて腐りやすくなります。室内で育てている場合、窓を開けるなどして空気を動かしてあげるとよいでしょう。

・害虫

 アブラムシなどの害虫が原因で枯れることがあります。

【対処法】

葉が落ちてきたり枯れてきても状態によっては復活させることができます。

思い切って茎を短く切る「切り戻し」という作業を行いましょう。

切り戻しをすることで新しい脇芽が育つので再び美しい緑色の姿を取り戻すことができます。

さいごに

グリンピースのような丸い粒が可愛いくて室内に飾っていたら…。

粒がしぼんでシワシワになり枯らしてしまった経験がある管理人です。

原因は日光不足と水のやり過ぎ。

今度こそ枯らさないで育ててられるよう再チャレンジしたいと思っています。

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-サボテン・多肉植物
-,

Copyright© 楽して楽しむガーデニング , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.