ガーデニング初心者向けに植物の育て方のポイントや実際に育てている植物の栽培記録を紹介しているブログです

楽して楽しむガーデニング

シャコバサボテンの育て方!花後の手入れ方法や植え替え時期は?

更新日:

シャコバサボテンの花

シャコバサボテンは、秋から冬の定番鉢花ですね。

シャコバサボテンの日常管理、花後の手入れ方法、植え替え時期など育て方のポイントを紹介します。

スポンサーリンク




シャコバサボテンの特徴

シャコバサボテンの花

シャコバサボテンはブラジル南東部が原産のサボテン科の多年草です。

開花期:11月~3月
草丈:15~40cm

少し肉厚で平べったい葉が特徴で、葉の先に花を咲かせます。

デンマークで改良が進んだのでデンマークカクタス、12月頃に咲くのでクリスマスカクタスとも呼ばれています。

近縁種にカニバサボテンがあります。

違いは、茎節の突起が鋭くて大きい方がシャコバサボテン。

カニバサボテンには両側に鋭い突起はありません。

開花期はシャコバサボテンが秋、カニバサボテンが1~3月です。

ただし、最近は交雑種が増えていているので、どちらの種類なのか区別するのは難しくなっています。

【主な品種と花の色】
・ピンク系:リタ、マリー(緑がレッド・ピンク中白)
・ホウイト系:スノーフレーク、ホワイトクリスマス(在来)
・クリームイエロ一系:コールドチャーム
・アメリカ系:レッドラデアンス

花言葉:美しい眺め、一時の美、冒険心

シャコバサボテン育て方のポイント

シャコバサボテンの花

冬場は室内の日当たりのよい場所、春~秋は屋外の半日陰で育てます。

ただし、真夏は日光が強すぎるので葉焼けすることがあるので日陰で管理しましょう。

水やりは、4~8月頃までは、土が乾いたらたっぷりと与えましょう。

花芽分化の時期の9月下旬~10月上旬の1ヶ月間は水やりを控えめにします。

肥料は、5~7月に置肥や緩効性肥料を月に1回与えるか、液体肥料を2週間に1回与えます。

8月以降は、肥料は与えません。

病害虫は特にありません。

シャコバサボテンの植え替え時期と方法

シャコバサボテンの鉢植え

植え替えの適期は4月です。最低気温が10℃以上の日が続くころに行います。

植え替えをしないと根詰まりや根腐れを起こし、株が緑を失ったり、節から細い根が伸び出してきます。

目安は、1~2年ごと、少なくとも3年目には植え替えをしましょう。

用土は、市販のシャコバサボテン用を使うと簡単です。

古い鉢から株を引き抜いたら、根鉢を3分の1ほど崩して、ひと周り大きな鉢に植え込みます。

ただし、土を根が覆って型崩れしない時は、無理に土を落とさなくても大丈夫です。

古い土はそのままで、そっと鉢の中央にいれてください。

そして、新しい土を鉢底と側面・根の部分を覆うように入れましょう。

一方、株を引き抜いた時に土が鉢の中にたくさん残るようであれば、根に問題があります。

古い土をふるい落とし、新しい土に入れ替えて植え付けます。

その後2週間程度は、屋内で管理し肥料は与えず水やりも控えめにします。

植え替え時に葉摘みも一緒に行います。

シャコバサボテンの葉摘み

シャコバサボテンの葉

シャコバサボテンの管理で大切な作業のひとつに葉摘み(ピンチ・摘心)があります。

行う時期は4月と9月です。

4月の葉摘みは、バランスの良い形に整え、新しい葉を増やすために行います。

詳しくはこちらの記事に書いています。
↓ ↓ ↓
シャコバサボテンの花が終わったら管理方法は?葉摘み時期と挿し木の方法は?

9月の葉摘みは、花を咲かせるために行います。

花は成熟した葉の先にしかつきません。

小さな新芽や節茎を摘み取ることで節茎の先端に花芽が付きやすくなり 、開花時期が揃います。

ちなみに、1cm未満のサイズの新芽(赤い芽)を摘むことを赤芽摘みとも言います。

シャコバサボテンの増やし方

挿し芽で増やすことができます。

4月の葉摘み作業で摘み取った茎節を利用するとよいでしょう。

3~5本まとめて挿し芽します。

土は市販のさし芽・タネまき用を使います。

翌年開花の株になるので、肥料は9月頃まで与え、株をしっかり作ります。

シャコバサボテンの花が終わったら

開花期間中、咲き終わった花は指でつまみ、ひねるようにして取り除きます。

その後、花がすべて咲き終わると、休眠期に入ります。

最低でも5℃を保てる室内の明るい場所で冬越しさせましょう。

直接霜が当たったり凍ったりする場所は避けてください。

水やりはかなり控えめにして越冬させます。

冬場の水やりは、控えめにして、2週間に1度くらいがよいでしょう。

シャコバサボテンの栽培記録

shakobasaboten

家族が買ってきたシャコバサボテンを育てています。

といっても、ほぼ放置状態。

それでも枯れることはありませんが、何年も花が咲いたことがありません。

ところが、昨年、どうしたわけかツボミが数個つき、花が咲いてくれました!

開花したのをみたとたん、手入れをちゃんとしてあげなくては!と思ってしまったのは、我ながら現金なものです。

そんな訳で、今回はシャコバサボテンの育て方を調べてまとめてみました。

今年は、屋内にずっと置きっぱなしだった鉢植えを屋外に出して、初めての葉摘みと植え替えにも挑戦しました。

ツボミをつけるには、この後、明かりが入らない場所に置く作業をしなければならないそうです。

果たして、ツボミがついて花を咲かせてくれるでしょうか?

この後に行った作業については、別の記事で紹介する予定です。

関連記事
シャコバサボテンの花が咲かない理由は?花芽がつかない原因と対処法を紹介!
シャコバサボテンの開花に成功!
シャコバサボテンの花芽が落ちる理由とは?花芽を落とさず開花させるための管理方法!
シャコバサボテンを短日処理して花芽をつける方法は?短日処理の時期や期間を紹介!

シャコバサボテンに関する記事一覧

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-シャコバサボテン
-, ,

Copyright© 楽して楽しむガーデニング , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.