多肉植物ミセバヤの特徴と種類、育て方!【栽培記録まとめ】

ミセバヤの花

ミセバヤは古くから栽培されている古典園芸植物のひとつ。

花も紅葉も美しく、丈夫で手間がかからないので初心者にも育てやすいのも魅力。

今回は、ミセバヤの特徴と種類、育て方のポイントと栽培記録を紹介します。

スポンサーリンク

ミセバヤの特徴

ミセバヤ

日本原産のベンケイソウ科の多肉植物です。

ミセバヤという名前は「見せたい」という意味の古語が変形したものだそうです。

筑波実験植物園の説明では以下のように紹介されていました。

18世紀末に出版された柳原紀光の「閑窓自語」によると吉野山の法師が奥山で見つけて和歌の師匠に贈ったがその添えた詞の「君にみせばや(誰に見せようかという意)」から命名
出典:http://www.tbg.kahaku.go.jp/

別名、タマノオ(玉緒)とも呼ばれます。

開花期は10~11月。

10~30㎝程度に垂れ下がるように伸びた茎の先にピンクの小花を球形に咲かせます。

秋になると紅葉、冬になると葉が落ちて地上部は枯れてしまいます。

ミセバヤの種類

【ヒダカミセバヤ】

北海道東部の海岸や山地の岩場に生える小型種。

【カラフトミセバヤ】

北海道の山地の岩場に見られる小型種。

エゾミセバヤとも呼ばれます。

【ユウバリミセバヤ】

夕張岳の岩場で近年発見されたものでカラフトミセバヤの変種といわれています。

【ツガルミセバヤ】

青森県や秋田県の山地の岩場に生える大型のもの。花色は白。

ミセバヤの育て方

鉢植えのミセバヤ

苗の植え付け適期は3月下旬~4月。地植えでも鉢植えでも育てることができます。

鉢植えに使う用土は市販の山野草培養土など水はけのよいものを使います。

成長すると茎が下に垂れていくので少し高さのある鉢を選ぶとよいでしょう。

日当たりと風通しの良い場所で管理します。

水やり

地植えの場合は、特に水やりの必要はありません。

鉢植えの場合は、土が乾いてから与えます。

水の与え過ぎで過湿になると根腐れを起こすことがあるので注意してください。

肥料

地植えの場合は肥料を与える必要はありません。

鉢植えの場合は春に緩効性化成肥料を少量与えます。

植え替え・株分け・増やし方

適期は4月頃です。

鉢植えの場合は、2年に1回を目安に行います。

ひとまわり大きな鉢に植え替えましょう。

同じサイズの鉢に植え付ける場合は株分けを行います。

1株に3芽くらい付くように手で分けて植え付けます。

株は挿し芽でも増やすことが出来ます。

茎を3~4節程度の長さで切り取って鉢などに挿します。

霧吹きなどで用土を湿らせる程度に水やりをし根が出るまで明るい日陰で管理します。

病害虫

病気は特にありません。

害虫では、アブラムシ、ナメクジ、アオムシ、ダンゴムシなどが発生することがあります。

新芽が伸び始めた頃から8月まで定期的にオルトラン粒剤などで予防しておくとよいでしょう。

関連記事
ミセバヤのツボミと葉が虫に食べられる!

冬越し

晩秋に紅葉し、冬になると枯れてしまいます。

晩秋には株元に来年の新芽が出てきて、新芽のまま冬越しをします。

寒さには強いので防寒対策をしなくても大丈夫です。

寒冷地で雪に埋もれてしまっても春になれば新芽が成長をはじめます。

鉢植えの水やりは、土が乾いてから数日経ってから与えるようにして、乾燥気味に管理します。

エッチュウミセバヤの栽培記録【2017年】

越中ミセバヤの花

3月には、まだまだ小さくて新芽と呼ぶのがピッタリでしたが、この1ヶ月余りでグングン伸びました。

4月のミセバヤ
※2017年4月8日撮影

5月のミセバヤ
※2017年5月3日撮影

ミセバヤ
※2017年5月23日撮影。

株元の葉が紅葉、枯れた葉もみられます。

屋外の日当たりのよい場所に置いていたのですが日差しが強すぎるのかもしれません。

半日陰の場所に鉢植えを移動しました。

ミセバヤ20170713
※2017年7月13日撮影。

全体の様子です。茎は5月から1.5~2倍くらいの長さになっています。

ミセバヤ20170713
※2017年7月13日撮影。

紅葉したあと、しなびて落ちてしまった葉が5~6枚くらい。株元はスカスカしています。

ミセバヤ20170713
※2017年7月13日撮影。

ツボミが出来始めています。

※3月の様子はこちらの記事
 ↓ ↓ ↓
2017年のガーデニング作業始め

【追記】
花後のミセバヤです(2018年11月3日撮影)。

花後のミセバヤ

鉢植えは紅葉していますが、地植えの葉は緑色のままです。

花後のミセバヤ

【2016~2019年まで】
2016年10月、楽天でタンジー・ヘンルーダ・越中ミセバヤの苗を購入したときの様子
↓ ↓ ↓
アリ除け効果を期待!タンジーとヘンルーダの苗を購入

2017年3月、冬越し後の様子
↓ ↓ ↓
2017年のガーデニング作業始め

2017年7月、原因は根詰まり?
↓ ↓
開花前にミセバヤの葉が紅葉して落ちる!原因と対策は?

2017年8月、害虫被害。挿し芽で予備の株を作る
↓ ↓ ↓
ミセバヤのツボミと葉に食害被害!害虫の予防と対策方法は?

2019年10月、鉢植えより地植えのほうが成長が良かった
↓ ↓ ↓
2019年のガーデニング作業まとめ【ミセバヤ・ギボウシ・ヘンルーダなど】

【育ててみた感想】
雪に埋まっても寒さで枯れることはありません。

地植えで放置状態でも元気に育ちます。

ただ、害虫予防にオルトランを散布しておいたほうがよいかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました