ガーデニング初心者向けに植物の育て方ポイントや実際に育ててみた体験談・栽培記録を紹介しています

楽して楽しむガーデニング

カランコエの育て方!切り戻し剪定の方法と花が咲かない原因は?

更新日:

karankoe

カランコエは冬になると園芸店などで売られているのを見かけるようになりますね。

冬の定番鉢花で、色彩が乏しくなりがちな冬から春にカラフルな色の花を咲かせます。

切り戻し剪定の方法や花が咲かない原因について紹介します。

スポンサーリンク




多肉植物カランコエの特徴

マダガスカル原産のベンケイソウ科多肉植物です。

カランコエの仲間はたくさんの種類があります。

その中で、一般的に鉢花として店頭で見かけるものはベニベンケイの改良種のことをさします。

葉は多肉質、表面に光沢があります。

草丈は、10~20cmの矮性種(わいせいしゅ)と30~50cmの高性種があります。

何本もの花茎を出し先端に小花を密に咲かせます。

花色は桃色・橙・黄色・白・オレンジなど、花の形には一重咲きや八重咲きなどがあります。

花の色や形が豊富なので寄せ鉢や寄せ植えにしても楽しめます。

年間を通して花を楽しめるものも多く、花持ちがよいのも魅力です。

一方、多肉植物としてのカランコエは、葉の形や色彩が個性的でバラエティーに富んだ品種がたくさんあります。

代表的なものに、セイロンベンケイやツキトジ(月耳兎)、センニョノマイ(仙女の舞)、ハクギンノマイ(白銀の舞)などがあります。

カランコエの育て方

肉厚な葉を持ち乾燥にも強いカランコエは、丈夫で育てやすいので初心者にも向いています。

開花中は窓辺の明るいところに置きましょう。

冬の鉢花の定番ですが寒さには弱いです。

冬期は10℃以上を保てる室内の明るい場所で育てます。

10℃以下になるとツボミがつきにくくなります。

5℃以下になると休眠状態になり、それが長期間続くと枯死することがあります。

水やりは土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。

肥料は月に1~2回、水やり代わりに液体肥料を与えます。

花がらは、いつまでもつけておくと病気の原因になるので早めに摘み取りましょう。

カランコエは挿し芽で増やすことができます。

5~6月に葉を4枚程度残して切りバーミキュライト等にさします。

1ヶ月程度で根が出るので植え替えます。

カランコエの切り戻し剪定の時期と方法

花が咲き終わったら、切り戻し剪定をしましょう。

時期は、花の終わった2月以降、夏前までに行います。

株全体の下から3分の1ほどを残し、上の部分はカットします。

この時、下のほうにある花芽を切らないように気をつけましょう。

節の少しふくらんでいる部分が、花芽の眠っている場所です。

ここを残しておけば次のシーズンに枝が増え、ひと回り大きく成長してくれます。

カランコエの花が咲かない原因と対策

花が咲いている鉢を購入したものの次の年は咲かなかった、ということはありませんか?

日が短くなると花芽がつく短日植物なので自然状態では春と秋に花が咲きます。

夜は自然に暗くなる所に置きましょう。

室内で育てているカランコエに花が咲かない場合は、夜でも室内が明るいことが原因として考えられます。

常夜灯など夜でも灯りがあって完全に暗くなる場所がないときは、短日処理を試してみるとよいかもしれません。

【短日処理の方法】
切り戻した先から新芽が2節伸びたら「短日処理」をします。

段ボール箱などを用意して鉢の上からかぶせ光を遮ります。

時間は午後5時頃~午前9頃まで、それ以外の時間は光にあてます。

この作業を1ヶ月くらい続けて花芽がつけば、短日処理は完了です。

さいごに

丈夫で育てやすいカランコエは初心者にもおすすめの植物です。

毎年、花を楽しむには秋になったら暗い場所に置くのがポイント。

短日処理にチャレンジしてみるのもよいかもしれませんね。

関連記事
多肉植物 カランコエの冬越し方法は?室内で管理するときの注意点を紹介!

⇒ サボテン・多肉植物に関する記事一覧

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-サボテン・多肉植物
-, , , ,

Copyright© 楽して楽しむガーデニング , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.