ルピナスの特徴と育て方、栽培記録

ルピナス

ルピナスは空に向かって長い花穂に鈴なりの花をつける様子が印象的な植物です。

ルピナスの特徴と育て方をまとめました。栽培記録も紹介します。

スポンサーリンク

ルピナスの特徴と種類

ルピナス

ルピナスは、北アメリカ原産、マメ科の多年草です。

ただ、暑さに弱いため暖地では夏越しできず1年草として扱われます。

寒さには強いので寒冷地では多年草として毎年花を楽しむことができます。

草丈:20~150cm
開花期:4月下旬~6月
花色:白,赤,ピンク,オレンジ,黄,紫,複色

藤の花を逆さに立てたような花穂が特徴。

和名はハウチワマメ(葉団扇豆)。葉の形がうちわに似ていることが名前の由来です。

別名のノボリフジ(昇り藤)は、花姿から名付けられました。

主な品種

【ラッセルルピナス】
ルピナスを代表する品種。草丈は50~70㎝になり見事な花穂を立ち上げます。

花壇のほか大きめのコンテナ植えにも向き切り花としても利用できます。

【キバナルピナス】
南ヨーロッパ原産の1年草で草丈は50cm程度。

鮮やかな黄色い花には香りがあり切り花としても利用されます。

【カサバルピナス】
南ヨーロッパ原産の一年草で草丈60~80㎝。

傘を広げたような形の葉が特徴です。

【ルピナス・テキセンシス】
アメリカ・テキサス州原産の2年草で草丈20~30㎝の矮性種。

ルピナスの育て方

ルピナスの苗

日当たりが良く乾燥気味の場所で育てましょう。

酸性の土壌では生育が悪くなります。

庭に植え付ける場合は、2週間ほど前に苦土石灰を混ぜて酸性を中和しておきます。

種から育てることもできますが苗を購入したほうが簡単です。

種まき時期と方法

ルピナス
・種まき時期:9月~10月頃
・発芽適温:15~20℃
・生育適温:5~20℃
・発芽までの日数:10~14日

種は硬い皮に包まれているので、そのままではなかなか発芽しません。

一晩、水につけてからまくと発芽しやすいです。

まき方

地面に直接まくときは30cm間隔に2~3粒をまきます。

ポットにまくときは市販の培養土を入れ1cmほどの深さの穴を開け、そこへ種を2~3粒まいていきます。

乾燥しないように水を与えながら発芽するまでは日陰で管理します。

本葉が2~3枚のころに1本に間引きます。

本葉が6~7枚になったら鉢か地面に植えつけていきます。

地植えの場合は、間引きながら丈夫なものを同じ場所で育ててください。

水やり

地植えの場合、特に水やりの必要はありません。

鉢植えの場合、表土が乾いてから与えます。過湿にすると根腐れを起こすので注意しましょう。

肥料

肥料は、特に必要ありません。

与える場合は、緩効性肥料を少量にします。

植え替え

移植を嫌う直根性の植物です。

直根性とは太い根が枝分かれすることなく土中まっすぐ下に伸びていく性質のこと。

根にダメージを受けると株が弱ってしまい根付かないことがあります。

植え替えの回数を少なくするために、庭や鉢に直接種をまいて育てるとよいでしょう。

ポットに種まきをして苗を育てる場合は、苗が小さいうちに鉢または地面に植え付けたほうがよいです。

病害虫

目立った病気の心配はほとんどありません。

害虫もあまり見られませんが、時々アブラムシやハダニがつきます。

ルピナスの栽培記録【2008年】

ルピナス

苗から育てるつもりでしたがホームセンターで販売されていませんでした。

6月中旬ということで時期的に販売は終わっていたのかもしれません。

種から育てることにしました。

種まきするには遅いかなと気になりましたが発芽には適した気温です。

寒冷地(青森県)なので夏越しに関しては心配する必要はないでしょう。

仮に発芽しなくても、秋にもう一度チャンレジすればいいだけです。

種まき

ルピナス
2008年6月下旬に種まき。5日目で発芽。

植え付け

ルピナスの葉
種まきから2ヶ月半。苗は7~8センチ位の大きさに生長。

9月中旬、庭に植え付けました。

ちなみに、茎の色をみると緑色が薄いものと濃いものがあります。

花色と関係あるんだろうなと思いつつ両方を交互に植え付けて作業完了!

のはずでしたが…。

苗を20センチ間隔で植えていったら植え付ける場所がなくなってしまいました。

残りは市販の観葉植物の土を使って鉢に植えました。

【追記】
翌年、春の開花状況はこちら
↓ ↓ ↓
ルピナスの花が咲かない原因と対策!花後の管理ポイントは?

さいごに

ルピナスの花

今回は、ルピナスの特徴と育て方について調べたことをまとめました。

ルピナスに興味を持ったのはNHKで放送された「喜びは創りだすもの ターシャ・テューダー四季の庭」がきっかけ。

番組の中でルピナスについて語っているシーンが印象的でした。

ルピナスがアメリカ全土で見ることができるようになったのは電話を発明したことで有名なグラハム・ベル氏のおかげなのだとか。

彼はポケットに種を入れ、行く先々でまいたのでルピナスがアメリカの広範囲で育っていったという話です。

ターシャのお母さんとベル氏の娘さんが友達で、直接、聞いたそうですから信憑性がありますね。

そして、ターシャさんも広い土地を手に入れたときにルピナスの種をまいたのだそうです。

狭い庭の一角をルピナスで埋め尽くせたら…などと思っています。

関連記事
【ルピナスの花畑】名所スポットと見頃時期は?

タイトルとURLをコピーしました