観葉植物パキラの葉が枯れる原因と対処法

パキラ

観葉植物パキラの葉が黄色や茶色に変色して落ちると枯れてしまうのではないかと心配になりますね。

枯れる原因として考えられることと対処法について調べたことをまとめました。

我が家のパキラの栽培記録も紹介します。

スポンサーリンク

パキラの葉が変色して枯れる原因と対処法

パキラ

水やりの過不足、日光、気温(室温)が主な原因。

それぞれをチェックして対処すれば復活できる可能性があります。

水やりの過不足

水を与えすぎると過湿になり根腐れを起こしやすくなります。

逆に水が不足すると葉が黄色く変色して、徐々に枯れていきます。

パキラの株元

まず、水やりが不足している場合は、しっかりと水をあげることで復活することが多いです。

ただし、
・土が固くなってしまって水分がなかなか浸み込んでいかない
・根詰まりを起こしている
という場合もあります。

そんな時は植え替えをしたほうがよいでしょう。

問題なのは水を与え過ぎている場合。

株元を触ってみてブヨブヨしていたら根腐れを起こしています。

水やりをやめて乾燥させ、新しい土を使って植え替えましょう。

鉢から取り出してみて根に黒ずんでいる部分があったら、その部分は切り取ります。

直射日光による葉焼け

窓辺のパキラ
夏の強い日射しを浴びると葉焼けを起こします。

変色した葉や枝は取りのぞきましょう。

枯れた葉はハサミで切らなくても手で簡単に取ることができます。

鉢を直射日光の当たらない明るい室内に移動させます。

パキラの剪定

見た目が悪くなってしまったら新しく枝が生える部分を残して幹を途中からバッサリと切り落としてしまう方法もあります。

関連記事
【観葉植物パキラの特徴と育て方】樹形を整える剪定の時期と方法も紹介!

寒さ

パキラは熱帯地方に自生している植物なので高温を好みます。

冬になると葉が黄色や茶色に変色したという場合は寒さが原因である可能性が高いでしょう。

そのまま放置していると次々に葉が黄色や茶色になっていき、最悪枯れてしまうかもしれません。

【対処法】
冬の間は最低気温5℃以下にならない場所で管理するのがポイント。

水やりをする回数を減らして乾かし気味に管理しましょう。

空気が乾燥するようだったら葉に霧吹きで水を吹きかけるとよいでしょう。

昼間は日光が当たる窓辺、夜間は部屋の中央など暖かい場所へ移動させます。

パキラの栽培記録(冬越し中に葉が枯れる)

パキラの鉢植え

我が家のパキラは、よくある三つ編みになっているタイプ。

購入してから2年ほどになりますが、3月頃から葉が茶色くなり始めました。

触るとポロッと茎の根元から取れてしまいます。

そこで今回はパキラの葉が枯れる原因と復活方法について調べたことをまとめました。

4月下旬、残っている葉は2枚しかありません。

昨年の夏はどんどん新芽がでてきて、葉の数がずいぶん増えました。

このままいったら、どれ位大きくなるのかと楽しみにしていたのがウソのようです。

冬の管理の仕方が悪かったのでしょうか?

冬の間は水を与えすぎないよう控えめにして、時々、霧吹きで葉水も与えていました。

窓から少し離れたところに置いているので、夜間でも低温になることはなかったと思います。

その他に考えられる原因としては、根詰まりでしょうか?

普通に土に植えられた鉢なら鉢底から根が出てくるとかで分かるのかもしれません。

しかし、我が家のパキラは穴の開いていない透明プラスチックの鉢なので根の様子が全く分からないのです。

ネットで調べてみたら、

・冬場、葉が全部枯れ落ちた場合も根気良く水やりしてみましょう。
・暖かくなると新芽が出てくることが多いです。
と書かれているのを見つけました。

このまま葉がすべて落ちてしまっても新芽が出てくる可能性はあるかもしれません。

復活してくれるといいのですが…。

【追記】
水やりして様子を見ていたら春になって新しい葉が出てきてくれました。

ちなみに、翌年も3月に次々と葉が茶色くなって落ちてしまいました。

寒冷地なので冬に葉が枯れ落ちて春に新芽が出てくるという生育パターンなのかも?などと考えています。

関連記事
パキラの冬の管理!冬越しするときの注意ポイントは?

タイトルとURLをコピーしました