ガーデニング初心者向けに植物の育て方ポイントや実際に育ててみた体験談・栽培記録を紹介しています

楽して楽しむガーデニング

観葉植物アイビー(ヘデラ)の育て方!簡単な増やし方や日常管理のポイントは?

更新日:

アイビー

アイビー(ヘデラ)は一年中可愛らしい形の葉が楽しめる観葉植物です。

丈夫で育てやすいことから初心者にも人気がありますね。

今回は、アイビーの特徴や種類、簡単に増やす方法や日常管理など育て方のポイントを紹介します。

スポンサーリンク




アイビー(ヘデラ)の特徴と種類

アイビー

アイビー(ヘデラ)は、北アフリカ、ヨーロッパ、アジアが原産地。

ウコギ科のツル性植物です。

100均で見かけることも多い観葉植物のひとつです。

お店によって、アイビーの名前で販売されていることもあればヘデラの名前で販売されていることもありますね。

アイビーは英名で、ヘデラは学名です。

つまり、アイビーとヘデラに違いはなく、どちらで呼んでもいいということです。

ちなみに、和名ではキヅタと呼ばれます。

常緑性なので一年中緑の葉を楽しむことができるのが魅力。

日陰で耐える力(耐陰性)が強いので鉢植えにして室内で気軽に育てることができます。

また、フェンスに這わせたり、ガーデニングの寄せ植え、グランドカバーにも向いています。

寒さにも暑さにも強く丈夫で育てやすいので初心者にもオススメの植物です。

ハイドロカルチャー(水耕栽培)でも育てられるので室内を土で汚したくないという場合にも向いています。

【種類】
一般にホームセンターなどでよく見かけるアイビーはへデラ・へリックス(イングリッシュ・アイビー)という種類です。

へデラの仲間の中で一番多く栽培されていて500種以上の園芸品種があるといわれています。

代表的な種類には
ヘデラ・ヘリックス
ヘデラ・カナリエンシス
ヘデラ・コルシカ
などがあります。

これらの種類の中に、さらにたくさんの園芸品種があります。

例えば、「ヘデラ・ヘリックス」なら

へデラ・へリックス‘ダックフット’
へデラ・へリックス‘グリミー’
ヘデラ・へリックス‘グリーンリップル’
といった具合ですね。

緑色や黄金色といった葉色や斑入り、葉の形などバリエーションに富んでいます。

アイビー(ヘデラ)の育て方

アイビー

アイビーは生育が旺盛なため、庭で地植えにするとどんどん繁殖してしまいます。

鉢植えにして育てたほうが手間がかからず安心です。

水はけと通気性のよい土を好みます。

ポット苗を鉢に植え付けるときは市販の観葉植物用の土を使うと簡単です。

基本的に日光を好む植物なので日当たりと風通しの良い場所で育てましょう。

日陰でも育ちますが、日光不足だと葉が落ちてしまうこともあります。

さらに、
・茎だけがひょろひょろと伸びてしまう「徒長」を起こしやすい
・斑入りの品種は斑が消えてしまう
ということもあります。

室内であれば、日の当たる窓辺のレースのカーテン越し程度が理想です。

注意したいのは夏の置き場所です。

夏場の強い直射日光に当たると葉が変色する「葉焼け」を起こします。

葉焼けした葉は元には戻りません。ひどくなるとアイビー全体が枯れてしまいます。

夏の間は風通しが良く直射日光が当たらない場所に置きましょう。

水やりは、鉢の表面の土が乾いたら鉢底から水が流れるまでたっぷりと与えます。

ただし、冬の間は水やりは控えめにします。

鉢土が乾いてから2~3日くらいしてから水やりをします。

霧吹きなどで葉に直接水をかける「葉水」は毎日行うのがおすすめです。

肥料は、生育期の4~9月は、液体肥料を2週間に1回程度与えます。

肥料が控えめでも育つので与え過ぎないようにしてください。

冬は肥料を与える必要はありません。

病虫害としては、風通しの悪い場所などに置いておくとカイガラムシが出ることがあります。

アイビー(ヘデラ)の植え替え時期と方法

アイビー

植え替えに適した時期は5~6月と9~10月です。

生育旺盛で根の生長も早いので根詰まりを起こさないよう1~2年に1回の目安で植え替えましょう。

鉢底から根が出ていたら植え替えのタイミングです。

まず、枝を剪定して鉢から取り出します。

古い土を落として一回り大きな鉢に植え替えましょう。

アイビー(ヘデラ)の剪定時期と方法

アイビー

繁りすぎた状態になったり、枝が必要以上に伸びすぎてしまったら剪定をしましょう。

そのまま放っておくと、全体のバランスが悪くなるだけではありません。

内側まで日光が届かず病気や枯れ込みの原因になることもあります。

剪定は生育期の4~9月に定期的に行います。

伸びすぎた枝を途中で切ってバランスを整えたり、混み合っている枝を切って風通しをよくします。

生育が旺盛なので、ある程度バッサリ切ってしまっても大丈夫。

すぐに新芽が出てきます。

アイビー(ヘデラ)の増やし方

アイビーの水挿し

剪定で切り落とした枝を使って増やすことができます。

時期は4月中旬から9月中旬頃までがおすすめです。

発根しやすいので、土に挿すほか、水挿しでもOK。

やり方は長さ10cmぐらいの枝の下のほうの葉を取って、土や水に挿すだけです。

明るい日陰で管理します。

土に挿した場合は芽が伸びるまで水を切らさないよう注意します。

水挿しなら飾りながら根が出るのを待つだけなので土に挿すより簡単です。

アイビー(ヘデラ)の冬越し・管理ポイント

アイビー

寒さに強いので、室内で育てている分にはほとんど心配いりません。

水やりを控えめにして、エアコンの風が当たらない場所で管理しましょう。

厳寒地でなければ戸外で越冬させる事ができます。

霜に当たったり凍ると葉が傷んで変色することがあります。

普段はベランダに出しっぱなしにしている場合でも冷え込みが厳しい時は室内に入れたほうがよいでしょう。

アイビー(ヘデラ)が枯れる原因と対処法

窓辺のアイビー

考えられる原因には次のようなことがあります。

・水不足
・水の与え過ぎ
・風通しが悪い
・日光不足

一般に、夏は水不足、冬は与え過ぎになりやすいです。

これは、季節によって必要とする水の量が違うため。

夏は毎日水やりが必要ですし、冬の間は控えめにする必要があります。

【対処法】
水不足の場合は、適度に水やりを行い、枯れた部分を切って様子をみます。

与え過ぎの場合は、根腐れを起こしている可能性があります。

植え替えして土を入れ替えしてみる、乾かし気味に管理して様子をみるなどしてみましょう。

置き場所を風通しがよく日が当たる場所に変えることも大切です。

葉の形と模様が魅力的なアイビーを楽しもう!

観葉植物 アイビー

冬に植物を枯らしてしまった経験がある私にとって寒さに強いアイビーは育ててみたい観葉植物のひとつです。

アイビーといえば、葉先が3~5つに分かれた星型の葉形のイメージが強いです。

でも、ハート形の品種や紅葉する品種など様々な種類が出回っているそうですよ。

インテリアとしていろいろな模様のアイビーを少量ずつビンに水挿しして飾るというのも素敵ですよね。

お気に入りの品種を見つけて育ててみようと思っています。

関連記事
ガーデニングで風水!運気アップにおすすめの植物は?
観葉植物の冬越し対策!苦手な寒さを乗り切る管理ポイントは?

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-観葉植物
-, ,

Copyright© 楽して楽しむガーデニング , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.