スポンサードリンク

リュウノヒゲ(竜の髭)の育て方

リュウノヒゲ(竜の髭)は、ユリ科の常緑多年草で別名をジャノヒゲ(蛇の髭)ともいいます。

長さ20センチ・幅2ミリほどの葉を密生させ、夏の初めに紫色の小さな花を咲かせ、秋には青色の実をつけます。

多くの品種があり、葉の短いチャボリュウノヒゲといわれる「玉竜」が最も一般的です。

その他には、黒い葉が美しい黒竜(コクリュウ)、ホワイトドラゴンとも呼ばれる白いリュウノヒゲ白竜(ハクリュウ)、斑入りなどがあります。

リュウノヒゲは、古くから庭の樹木の下などに植える下草として利用されてきました。

日陰でもきれいな緑色を保つので、芝生のように地面全体を覆うグランドカバーとして使われることも多いです。

コクリュウは、シックな色合いをいかして庭のアクセントとしたり寄せ植えに使われたりもします。



リュウノヒゲは、耐暑性・耐寒性(-15℃前後まで)が強く、手入れもほとんど必要ありません。

丈夫で育てやすいのでガーデニング初心者にもオススメといえるでしょう。

植えてから根付くまでは朝、夕どちらかは絶対水は欠かせませんが、根付いてきたらほとんど手がかかりません。

芝生のように刈る必要もなければ草のように抜く必要もないので手入れが楽というメリットもあります。

午前中の日光があたるような半日陰を好みますが、日向でも明るい日陰でも育てることができます。

ただし、日陰では花が少なくなるので、花や実も楽しみたい場合は半日ぐらい日光に当たる所の方がよいでしょう。

乾燥にはかなり強いので、水やりはあまり頻繁に行わなくても大丈夫です。

植えつける前にゆっくり効く肥料を土に混ぜ込んでおきます。それ以降は春先にゆっくり効く肥料を与えるとよいでしょう。

株分けで増やすことができます。

病気の心配は特にありません。

■スローガーデニング■ - livedoor Blog 共通テーマ

スポンサードリンク



rideru_green at 15:20│clip!日陰のガーデニング 
ランキングに参加中


にほんブログ村 花ブログ 自己流ガーデニングへ

人気ブログランキング


ブログ王ランキング

  • SEOブログパーツ


ゴールドカードの特典