お正月にハボタンを飾る理由

ハボタンは、門松やお正月に飾られることが多い植物ですね。

お正月にハボタンを飾る理由って、なんだろう?

ちょっと気になったので調べてみました。

どうやら、ハボタンは牡丹の代わりに使われてきたらしいとの事。

牡丹は別名を富貴花と言い、貴重でおめでたい花です。昔は、11月中旬~2月下旬にかけて咲く牡丹(寒牡丹)をお正月の縁起花として飾っていたとか。

葉牡丹は、重なり合った葉が牡丹の花のように美しく、牡丹とよく似ていることから代用品として広く広まったそうです。

habotan

正月花の種類や意味・由来など

お正月らしく家の中を飾る時に欠かせない正月飾りのひとつが正月花ですね。

正月花として使われる植物の種類には、ハボタンのほかに、どんなものがあるかというと、

「松・竹・菊・梅・南天・千両・椿・水仙」

などが良く使われているみたいです。

正月花は縁起のよい植物が使われ、それぞれ意味・由来をもっています。

南天は「難転」に通じるので縁起が良いというのは、良く聞く話ではないでしょうか。

ちなみに、特に、正月花だから使ってはいけない花というのはないようです。

正月花のアレンジメントは和風・洋風ありますが、洋物のバラも正月花として良く使われます。

バラは花の咲いている時期が長いので「長春花」とも呼ばれる、おめでたい花なんですね。

バラの花色はたくさんありますが、お正月には紅白の取り合わせで飾るのも素敵だと思います。

nanten

今年も残すところ、あとわずか。

スーパーの園芸コーナーでハボタンを見かけて後で買おうと思っていたのが12月初旬。

うっかり買いそびれていました。先日、改めて行ってみたら値段が100円も高くなっているのにビックリ。

もっと早く買っておけばよかった…と泣く泣く高いハボタンを買う羽目になってしまいました。