クリスマスローズの開花時期!花を観賞できる季節はいつ?

クリスマスローズ ニゲル

クリスマスローズは、花の少ない季節に庭を彩ってくれることから年々人気が高まっている植物です。

冬になると公園や庭で見かけることも増えてきました。

名前のイメージから「クリスマスの時期に咲くバラ」と思っている方も多いかもしれません。

実は、開花時期は品種によって違います。

今回はクリスマスローズの開花時期・花を観賞できる季節について紹介します。

クリスマスローズの花が咲く時期

本来、クリスマスローズはヘレボルス・ニゲルを意味します。

しかし、日本ではヘレボルス属のもの全体をクリスマスローズと読んでいます。

ちなみに、欧米ではヘレボルスが一般的な名前です。

開花時期は品種によって異なりますが、早いものでは12月頃から咲きます。

文字通りクリスマス頃に咲くのはヘレボルス属の中のニゲルです。

白花のニゲル種は、花の少ない真冬に重宝され、クリスマスやお正月の花としても人気があります。

日本(関東地方)で栽培した場合、花を咲かせるのは1~3月です。

・ニゲル⇒12月
・ニューハイブリット⇒1月
・ガーデンハイブリット⇒2月

このように、全体を通して冬場に咲くことが一般的です。

クリスマスローズ ニゲル

寒冷地で栽培する場合の開花時期は?

青森でも、毎年1~3月になると各地でクリスマスローズの展示即売会が開かれます。

寒冷地でも十分に楽しめる植物ということで、最近、特に人気が高くなってきたようですね。

鉢植えなら真冬でも楽しむことが出来るというのが人気の理由のひとつかもしれません。

県内にあるクリスマスローズ園のサイトによると、積雪地では地植えしたものは雪解けから6月まで花が咲き続けるとのことでした。

クリスマスローズは、ホームセンターや花屋さんの店先で見かけるたびに買おうかな、と迷ってしまう植物のひとつ。

開花株は少し値段が高いので、小さくて値段が安い株にしようかと迷っています。

ただ、小さい株の場合は、花が咲くまでに2~3年かかるとか。

小さい株を買って生長するのを気長に待つか、それとも今年から花を楽しむか、悩むところです。

関連記事
クリスマスローズの育て方