アルストロメリアの花後の管理

aru-hanago

アルストロメリアの花後の管理方法を紹介します。

備忘録として我が家で育てているアルストロメリアの花後の処理と生育状況も書いておきます。

アルストロメリアの花茎の処理

アルストロメリアの花が咲き終わった後、どのようにすればよいのか?調べてみたところ、2つの方法が見つかりました。どちらがよいのか判断がつかないので、両方書いておきます。

aru-ha

花がらを摘み取り、葉は枯れるまでそのまま

咲き終わった花がらはこまめに摘み取りましょう。枯れた花をそのままつけておくと、タネができ球根が弱ってしまいます。

葉は、光合成を促進させて栄養を蓄えるために刈り取らず、自然に葉が枯れるまでそのままにしておきましょう。茎葉が枯れてきたら、株元から切り取るか抜き取ります。

花茎は抜き取る

咲き終わった花茎は抜き取ります。引っ張ると簡単に抜けます。また、混みあっている場合、細い茎は抜き取って太い芽を伸ばすとよいでしょう。

aru-kuki

植え替え適期、我が家のアルストロメリア

庭に植えっぱなしのアルストロメリアは、四季咲きで耐寒性のある品種だと思いますが、とても丈夫で育てやすいです。

開花期は長く、咲き始めは7月中旬、開花のピークは8月下旬、花の数は少なくなりますが11月中旬まで咲き続けます。

花はたくさん咲くのですが、前回の植え替えから3~4年経っているので、そろそろ植え替えたほうが良いのかもしれません。

アルストロメリアは、春に芽を出す頃の生長スピードはゆっくりですが、夏になるとすごい勢いで増えます。

いつも、花後は茎を根元から切ってもいいのか、それとも自然に葉が枯れるまでそのままにしておいた方が良いのか、どっちだったかな?と思いながら作業していました。

花が咲き終わる頃は、株元からたくさんの細い茎が生えてきて混みあった状態になっています。株元で切るのが面倒で、つい、花の終わった花茎を抜き取っていました。

茎は、引っ張ると面白いように簡単に抜けてしまいます。でも、枯れるまでは、そのままにしておいてもよいみたいですね。

この時、間引きのために細い茎も抜き取っていたのは、間違ってはいなかったようです。

9月に入り、涼しくなってきたので、今月中に株分けも兼ねて植え替えを終わらせたいと思っています。

アルストロメリアの関連記事
初心者でも育てやすい!アルストロメリアの育て方
アルストロメリアの植え替えに適した時期
アルストロメリアの株分けと植え替え(2013年)