ロウバイ(蝋梅)の育て方

ロウバイ(蝋梅)は、ロウバイ科の落葉低木で中国が原産地。冬に咲く花木の代表種と言えます。

roubai01

名前の由来は諸説あり、花が蝋細工のように美しいからという説、花弁の色が蜜蝋に似ているからという説、蝋月(旧暦の12月)に梅に似た花を 咲かせるからという説などがあります。

別名、カラウメ(唐梅)、トウバイ(唐梅)とも呼ばれます。

名前に梅の文字が入っていますが、植物学的には梅の仲間(バラ科)ではありません。

日本では古くから庭木や盆栽などで栽培されてきました。耐寒性に優れ、花の少ない時期に開花するので、お正月の生け花や茶花にも良く使われます。

花は1~2月ごろに開花、花色は淡黄色でジャスミン系の甘い香りがします。

ロウバイの種類には、マンゲツロウバイ(満月蝋梅)・ソシンロウバイ(素心蝋梅)・トウロウバイ(唐蝋梅)・クロバナロウバイ(黒花蝋梅)などがあります。

ロウバイは、寒さにも強く丈夫。病害虫の心配はほとんどないので、初心者にも育てやすい庭木です。

ただ、庭木として植えると、あっという間に大きくなり、放っておくと木の高さが2~4メートルくらいになってしまいます。

地植えする場合は、大きくなっても大丈夫な場所を選ぶことも大事です。

大きく育てたくない場合は、鉢植えにしたほうがよいかもしれません。

roubai02

植え付け適期は、落葉期間中の11~3月頃。寒冷地では、12~2月の厳冬期は避けます。

植えつける場所は、水はけの良い、肥沃な土壌が適しています。

2~3時間以上の日光が当るところなら大丈夫ですが、日当たりのよい場所のほうが、花芽がつきやすいです。

西日や北風と乾燥を嫌います。移植を嫌うので植える場所は慎重に決めましょう。

肥料は、2月に寒肥として油粕と腐葉土や堆肥を株周りに穴を掘り与えます。

放任していても樹形はある程度整うので、剪定はあまり必要ありません。花芽のない長く伸びた枝を選んで切ります。

roubai03

今年、ロウバイを買いそびれてしまいました。

ロウバイは、欲しいなと思う頃には完売していることが多い品種だとか。

お店に一番たくさん入荷するのが1月だそうなので、来年こそは、見つけたら迷わず買いたいですね。