ツワブキの育て方

ツワブキ(石蕗)はキク科の常緑多年草で、日本・中国が原産地です。日本では、日本海側の石川県、太平洋側の福島県以西の日本各地の海岸沿いに分布、また、朝鮮半島から中国の海岸付近にも分布しています。

ツワブキの葉は蕗(フキ)に似ていて、艶(つや)のあるフキ→「ツヤブキ」、それが変化して「ツワブキ」と呼ばれるようになったようです。また、イシブキ、ツワとも呼ばれます。

ツワブキは元々、砂地や岸壁に生えている野草で、10~11月に黄色い花を咲かせます。草丈は50cm程度で、丸く光沢のある大きな葉が特徴です。この葉の形が面白いことや、日陰でもよく育つことから、園芸植物として和風の庭の石組みや木の根元などに植えられます。古くから観賞用として栽培され、多くの改良品種が生み出されました。斑入りの葉を持つ品種もあります。

ツワブキは、半日陰~日陰を好みます。日向でも育ちますが、強い日差しに当てると葉の色が悪くなり、生育も悪くなることがあります。

地植えの場合は腐葉土などを混ぜ込んで植えつけます。鉢植えの場合は、市販の花の培養土を使うか、赤玉土(小粒)6:腐葉土4ぐらいの用土を使います。

水やりは、鉢植えの場合は土の表面が乾いてからたっぷりと与えます。乾燥を嫌うので、乾かし過ぎないように注意しましょう。地植えでは特に与えなくてもかまいません。ただし、あまり雨が降らないようなら与えます。

肥料は、鉢植えでは春に置き肥を与える程度でよいです。地植えでは特に必要ありません。

植え付け・植え替えは春の3~4月頃、秋の9~10月頃が適期です。鉢植えの場合、2~3年を目安に根詰まりしているようなら行います。同じ大きさの鉢に植え替えるのであれば株分けも同時に行います。

株分けや種まきで増やします。

ツワブキは、民間薬として茎と葉を打撲や火傷に用います。フキと同じように食用にもなり、若葉を摘み取って塩ゆでにすると美味しいらしいです。

■スローガーデニング■ – livedoor Blog 共通テーマ

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ