ウラジロモミの育て方|人気のクリスマスツリーは日本原産!

christmas-momi

日本原産のウラジロモミはクリスマスツリーとして使われることが多い樹木です。

円錐形に樹形が整いシンボルツリーにも適しています。

本物のクリスマスツリーで楽しんだら、来年もまた楽しめるように育てましょう!

ウラジロモミの特徴や鉢植えの育て方を紹介します。

ウラジロモミとは|特徴

マツ科モミ属の常緑針葉樹です。

日本原産で、福島県~中部地方、紀伊半島、四国、九州各地の高地に自生しています。

葉の裏側が白いのでウラジロモミ(裏白樅)と名付けられました。

別名、ダケモミ、ニッコウモミとも呼ばれます。英名は「Nikko fir」です。

ヨーロッパではドイツトウヒをクリスマスツリーに使うことが多いですが、日本ではウラジロモミがモミの木としてクリスマスツリーに使われることが多いです。

樹高が10メートル以上に大きく成長する樹木です。

庭に十分な広さがあって、毎年の成長を楽しみに大きく育てたいという人は地植えしてみるのもよいかもしれませんね。

あまり大きくしたくない場合は、鉢植えがオススメです。大きさを制限しながら長く楽しむことができますよ。

鉢植えのウラジロモミの育て方

日本原産なので、比較的育てやすいといわれています。

なるべく大きめの植木鉢を準備しましょう。

●鉢の大きさの目安●
・1.0~1.2m前後 直径40cm以上
・1.5~1.8m前後 直径50cm以上
・2.0m 直径60cm以上

もみの木の苗植えは、3~4月か9~10月が適期です。暑さに弱いので真夏は避けましょう。

日当たりのよい屋外で育てます。

ただし、夏は直射日光が当たると弱ったり枯れることがあるので、明るい日陰に移動させます。

水やりは表面の土が乾いたらたっぷりと与えます。夏の乾燥に注意しましょう。

特に肥料は必要ありません。

病気や害虫は特に心配はいりません。

放っておいても自然に木の形が整うので、特に剪定をする必要はありません。

弘前公園のウラジロモミ

本丸、三の丸庭園にウラジロモミの大木があります。

公園のホームページによると、樹高は23メートル、推定樹齢は180年だとか!

ウラジロモミは福島県が北限です。公園に植えられているものは、9代寧親公の頃、自生が多い日光から取り寄せたものだそうですよ。

クリスマスシーズンでないと見かけないと思っていたら、身近なところに立派なウラジロモミがあったことにビックリ。

今まで、何度も見ているはずなのに、意識しないと気が付かないものですね。

関連記事
本物のクリスマスツリーの正体は?木の種類や名前を紹介
もみの木の育て方|鉢植えを枯らさない手入れ方法とは
ドイツトウヒの育て方|クリスマスツリーで飾った後はどうする?
観葉植物ゴールドクレストの育て方(室内・鉢植えの場合)
鉢植えのコニファーが枯れる!夏越しのポイントと冬の管理
簡単なクリスマスリースの作り方(100均グッズや自然素材で手作り)