クリスマスツリーとして人気!ウラジロモミの育て方

christmas-momi

クリスマスツリーによく使われるウラジロモミとは

ウラジロモミはマツ科モミ属の常緑針葉樹。日本固有種のモミです。葉の裏側が白いのでこの名が付いています。

ヨーロッパではドイツトウヒをクリスマスツリーにすることが多く、日本ではウラジロモミをモミの木としてクリスマスツリーに用いることが多いようです。

ちなみに、ウラジロモミもドイツトウヒも似ているので、あまり区別されずに「モミの木」として販売されていることもあります。

クリスマスツリーとして人気のモミの木ですが、整った狭円錐形に樹形がよく整い、シンボルツリーにも適しています。

ウラジロモミの育て方

固有種なので日本の気候によく合い耐久性に優れ、比較的育てやすいといわれています。

地植えでも鉢植えでもどちらでも楽しむことが出来ます。

地植えの場合は水はけの良い、肥沃な土壌に植えつけます。大きくなるのでスペースのある場所を選ぶことが大切です。

鉢植えする場合はなるべく大きめの植木鉢を準備します。
●鉢の大きさの目安●
・1.0~1.2m前後 直径40cm以上
・1.5~1.8m前後 直径50cm以上
・2.0m 直径60cm以上

もみの木の苗植えは、3~4月か9~10月が適期です。暑さに弱いので真夏は避けましょう。

風通しが良く、半日陰~日なたで水はけが良い肥沃な場所を好みます。

鉢植えのウラジロモミは日当たりのよい屋外で育てますが、夏は直射日光が当たると弱ったり枯れることがあるので、明るい日陰に移動させます。

水やりは表面の土が乾いたらたっぷりと与えます。夏の乾燥に注意しましょう。

特に肥料は必要ありません。

病気や害虫に強く心配はいりません。

本物のモミの木で素敵なクリスマスを

ウラジロモミは、年間30~40cm位生長し、樹高6m以上になります。

大きく育つので広い庭がないと育てられないと思って購入を迷っている方もいるかもしれません。

しかし、鉢植えなら大きさを制限しながら長く楽しむことができるそうです。

また、自然に形がまとまるので枝を切りそろえる手間が少ないことは、初心者にとっては嬉しいポイントといえますね。

本物のクリスマスツリーで楽しんだら、来年もまた楽しめるように育てましょう!

手がかかる生木だからこそ、育っていく様子を見ると嬉しいものですよ。