オリヅルランの育て方


オリヅルラン
はユリ科の常緑多年草で、草丈は約20~40cmになります。株からランナーが出て伸びていきます。花は白色で春にランナーのいくつかの節につきます。一般に出回っているのは葉縁に白い斑の入ったフイリオリヅルランですが、葉の中央部に白斑が入ったナカフオリヅルランもあります。同じ種類でもシャムオリヅルランには、ランナーはでません。大変丈夫で育てやすい観葉植物です。

5~10月は、室内または戸外の日のあたる所に置きますが、真夏は日差しが強すぎるので、直射日光を避けて半日陰に置くようにします。
10月下旬~4月上旬は室内の日当たりのよい所へ置きます。最低温度は5℃以上で管理します。

水やりは、春~秋は土の表面が乾いたらたっぷりと与えますが、冬には水やりの回数を控えめにします。真冬の水の与え過ぎは根腐れの原因になるので気をつけましょう。また、暖房などで空気が乾燥するので、葉に霧吹きをかけて湿度を与えるとよいです。

肥料は春から秋まで液体肥料を与えます。

オリヅルランは生育が旺盛で根詰まりを起こしやすい植物です。鉢底や表土の上に根が見えるようになったら植え替えをしましょう。植え替え時期は春か秋です。用土は水はけの良いものを使用します。赤玉土(小粒)6、腐葉土4くらいの割合でよいですが、市販されている観葉植物専用の土でかまいません。

オリヅルランの増やし方はランナーの先の子株を切り取り、そのまま土に植え付けるだけで簡単に根付きます。

我が家にフイリオリヅルランがあるのですが、ここ数年、ランナーが伸びません。肥料を与えていないせいでしょうか?株は大きくなっているようで、表土の上に根が出ています。植え替えと株分けをしなくてはいけないと思いつつ、もうすぐ冬という季節になってしまいました。もう少し、手をかけて育ててあげないといけないですね。来年の春こそは植え替えをして肥料も与えるようにしたいと思います。

花 植物との暮らし – livedoor Blog 共通テーマ

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ