ヒマラヤユキノシタの育て方

himarayayukinoshita2013
ヒマラヤユキノシタはユキノシタ科の常緑多年草で東アジア~中央アジアが原産地です。

オオイワウチワ(大岩団扇)・ベルゲニアという別名もあります。

葉は大きくシャモジのような丸みのある形をしていて、2~5月にかけてピンクの花を咲かせます。

日陰にも強く、草丈も低く根茎が横に伸びやすいため、下草やグランドカバーなどにも利用されます。

夏の暑さや寒さに強く、ほったらかしでもよく育つので初心者にも向いている植物といえるでしょう。

ヒマラヤユキノシタの育て方

水やりは、地植えの場合は基本的に必要ありません。肥料は、特に与えなくてもよく育ちます。

ヒマラヤユキノシタは手入れをしなくても良く育ってくれますが、花が枯れてきたら花茎を根元から切り落としたほうがよいでしょう。

下の方の葉が枯れてきたら、こまめに取り除いて掃除します。枯れた葉をそのまま付けておくと、株が蒸れたりカビが生えてしまう原因になります。

himarayayukinoshita08

ヒマラヤユキノシタの増やし方

我が家には、誰が植えたのか分かりませんが、昔からヒマラヤユキノシタがなにげに玄関横で育っています。

何も手入れをしない放置状態なのに枯れることなく、春になると真っ先にピンクの花を咲かせてくれます。

夏は直射日光が当たり、冬は雪に埋もれてしまうという過酷な環境にもかかわらず、常緑の葉を一年中茂らせてくれるので、初心者にとっては、とても丈夫で育てやすい植物という印象があります。

グランドカバー植物として増やしたら雑草対策にもなりそうですね。

そんな訳で、増やすにはどうしたらよいか調べてみました。

ヒマラヤユキノシタの増やし方には、根伏せという方法があるそうです。

具体的には、切り戻しを行った際の茎を3~4cmに切り、土の上に横に伏せてその上に1cmほど土をかぶせておくという方法です。

このときに利用する茎は芽がついていなくてもかまいません。

芽がついているものの場合は芽が地面の上に来るように植え付けを行います。

試しに、伸びすぎた茎を切り落として植えてみたら、簡単に根付きました。庭のあちこちに植えてみようかと思っています。

ヒマラヤユキノシタの害虫対策

害虫に悩まされたことはありませんでしたが、ただ1つの例外がアメリカシロヒトリです。

見つかるのは巣網ではなく、3cm程に大きくなったもの。葉が食べられて欠けているときは必ずアメリカシロヒトリがいました。近所の木で繁殖したものが飛んできたのかもしれません。春と秋は要チェックです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ