ヒマラヤユキノシタの育て方

himarayayukinoshita2013

ヒマラヤユキノシタの特徴や花言葉、育て方、実際に育ててみた感想などを紹介します。

ヒマラヤユキノシタとは|特徴

ヒマラヤユキノシタはユキノシタ科の常緑多年草。東アジア~中央アジアが原産地です。

オオイワウチワ(大岩団扇)・ベルゲニアという別名もあります。

大きくシャモジのような丸みのある形の葉が特徴で、2~5月にかけてピンクの花を咲かせます。

夏の暑さや寒さに強く、ほったらかしでもよく育つので初心者にも向いている植物といえるでしょう。

日陰にも強く、草丈も低く根茎が横に伸びやすいため下草にも利用されます。

一度根づくと、ずっと放任していてもよいくらいなのでグラウンドカバープランツとして重宝します。

花言葉:深い愛情・情愛・秘めた感情・順応・忍耐

ヒマラヤユキノシタの育て方

水やりは、地植えの場合は基本的に必要ありません。

肥料は、特に与えなくてもよく育ちます。

ヒマラヤユキノシタは手入れをしなくても良く育ってくれますが、花が枯れてきたら花茎を根元から切り落としたほうがよいでしょう。

下の方の葉が枯れてきたら、こまめに取り除いて掃除します。

枯れた葉をそのまま付けておくと、株が蒸れたりカビが生えてしまう原因になります。

庭植えの場合、数年間は植え替えする必要はありません。

株が周囲に広がり中心部が枯れやすくなってきたら、春か秋に株を掘り上げて植え直しするとよいでしょう。

himarayayukinoshita08

ヒマラヤユキノシタの増やし方

株分けで増やします。

また「根伏せ」という方法でも増やすことができます。

切り戻しを行った際の茎を3~4cmに切り、土の上に横に伏せてその上に1cmほど土をかぶせておきます。

このときに利用する茎は芽がついていなくてもかまいません。

芽がついている場合は、芽が地面の上に来るように植え付けを行います。新芽が出てきたら、これを育てます。

実際に、伸びすぎた茎を切り落として庭の空いた場所に挿しておくと根付きました。

増やし方は簡単だと思います。

ヒマラヤユキノシタの害虫対策

特に、害虫に悩まされることはありません。

ただし、我が家の場合は、ただ1つの例外がアメリカシロヒトリです。ちなみに、見つかるのは巣網ではなく3センチ程度に大きくなったものが数匹いるというケース。

葉が欠けているときは、ほとんど間違いなく葉裏にアメリカシロヒトリがいました。

なぜか庭の植物で一番先に狙われるんですよね。

そのため、ヒマラヤユキノシタは、アメリカシロヒトリが庭に入り込んでいないかチェックする目安にもなっている植物ともいえます。

ここで見つかったら、他の植物にもひそんでいる可能性が大きいというわけです。

近所の木で繁殖したものが飛んでくる場合もあるので、春と秋は要注意です。

ヒマラヤユキノシタを育ててみた感想

誰が植えたのか分かりませんが、昔からヒマラヤユキノシタが玄関脇に植えられています。

何も手入れをしない放置状態ですが丈夫で枯れたことはありません。

春になると真っ先にピンクの花を咲かせて春の訪れを感じさせてくれる植物です。

夏は直射日光が当たり、冬は雪に埋もれてしまうという過酷な環境にもかかわらず、常緑の葉を一年中茂らせてくれるのはありがたいですね。

とても丈夫で育てやすいので初心者にも向いている植物だと思います。