ガーデニング初心者向けに植物の育て方ポイントや実際に育ててみた体験談・栽培記録を紹介しています

楽して楽しむガーデニング

ユリ(百合)の花が咲かない原因は?翌年に花を咲かせるための手入れを紹介!

更新日:

ユリの花

ユリ(百合)を育てていると去年は花を咲かせてくれたのに今年は咲かないということがあります。

ユリの花が咲かない原因と翌年に花を咲かせるための手入れポイントを紹介します。

スポンサーリンク




ユリの花が咲かない原因

ユリの新芽

球根がよく育たなかった

ユリは球根に栄養をためて冬越しする植物です。

ためた栄養を使って翌年に花を咲かせます。

栄養不足で球根が小さすぎると花が咲かなかったり小さい花しか咲かないということが起こります。

日照不足

日当たりが悪すぎるとツボミが落ちたり咲かないまま終わってしまうことがあります。

半日陰を好む種類もあるので育てているユリの種類を確認しておくと安心です。

切り花のユリが咲かない理由

ユリはツボミのうちに切って花瓶にいけると次々と花を咲かせます。

しかし、時には咲かないままで終わってしまうこともありますね。

この場合、ツボミが小さすぎて開く前に弱ってしまったということが考えられるようです。

飾る場所にも気を付けましょう。

ツボミが乾燥すると開けなくなってしまいます。

エアコンの風が当たらない場所に花瓶を置くようにしましょう。

ユリの花を翌年も咲かせるための手入れ

ピンクのユリ

花がらを切る

花が咲き終わったら付け根の部分で摘み取ります。

そのままにしておくと種を作るのに養分を取られて球根がやせてしまい、翌年花が咲きません。

葉は残しておく

葉は、光合成をして栄養を作り球根を大きくする役割があります。

花がらを切った後に肥料を与え、葉はそのまま枯れるまで残しておきましょう。

完全に枯れたら茎を抜き取ります。

地植えの場合は、そのままにしておけば春には芽が出てきます。

鉢植えの場合は、掘り上げて植え替えしましょう。

さいごに

ユリ(カサブランカ)

去年、ツボミがついて開花までもう一息だったカサブランカ。

支柱を立てていなかったので、強風で茎がポッキリ折れてしまいました。

そして、今年は全然咲きませんでした。

正確に言えば、そもそも芽も出なかったのです。

まさか、消えてなくなったわけではないのでしょうが不思議ですね。

球根が大きく育たなかったことが原因なのかなぁ…などと考えています。

新しく球根を購入して再チャレンジといきたいですね。

ちなみに、ユリの芽が出でないので掘り起こしてみたら球根がなかったということもあるようですね。

この場合は、水はけが悪くて球根が腐ってなくなってしまったか、ネズミなどに食べられた可能性があるということです。

関連記事
ユリ(百合)の育て方!球根を植え付ける時期はいつ?
ユリの種類はどれくらいあるの?人気がある園芸品種の名前は?
オニユリ(鬼百合)の育て方!ムカゴとは何?
オニユリのムカゴの育て方!生育状況(1年目)
ムカゴから育てたオニユリの生育状況(2年目)

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-球根植物
-, ,

Copyright© 楽して楽しむガーデニング , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.