ガーデニング初心者向けの基礎知識を紹介しているブログです。初心者向けの植物・雑草対策・害虫対策のほか管理人の栽培記録もあります。

ガーデニング初心者ブログ 楽して楽しむガーデニング

朝顔の芽が出ない!原因と対処法は?

投稿日:

アサガオの発芽

種蒔きしたのに朝顔がいつまで経っても芽が出ないと心配になりますね。

一般に、朝顔の種は、早ければ4~5日、遅い品種でも2週間くらいで芽が出ます。

発芽しないのは何故でしょうか?考えられる原因と対処法を紹介します。

スポンサーリンク




朝顔の芽が出ない原因

アサガオの芽が出る

【発芽処理をしていない】
朝顔の種は皮がとても硬いため、そのまま種をまいても、
発芽できないことがあります。

そのため、蒔く前に種の皮に傷をつけて発芽しやすい状態にします。

これを硬実処理、もしくは芽切りといいます。

ちなみに、園芸店などで販売されている朝顔の種は、そのほとんどが
発芽処理を済ませた状態になっています。
あらためて発芽処理を行う必要はありません。

【種まきの時期が早い】
種が芽を出すのは気温が20度~25度くらいが続く時です。

気温が低い時期に種をまくと芽が出にくくなります。

【水の過不足】
土が乾燥するほど水を与えないと種まで乾いて発芽しにくくなります。

逆に、水を与えすぎると種が腐って芽が出ません。

【種が古い】
購入してから何年も経過した種は、発芽しないことがあります。

また、自分で育てた朝顔からとった種をまくと発芽しないことがあります。
これは、何度も繰り返し行っていると、性質が悪くなり発芽率が
悪くなることが原因です。

【鳥に食べられた】
掘り返したような跡があったり、土の中にあるはずの種が
見つからない場合は、鳥などに食べられた可能性があります。

種まきしてから10日経っても芽が出ない時は、
一度、掘り起こしてみたほうがよいかもしれません。

種がなくなっていることが確認できたら、
もう一度、種まきをしましょう。

その際は、種をまいた上にネットをかぶせるなど、
再び食べられないための対策をする必要があります。

朝顔の芽が出ない対処法

アサガオの双葉

上記で紹介した、芽が出ない原因をチェックして、
もう一度、種をまいてみましょう。

朝顔の種まき時期は、5月の中旬連休明け頃から6月下旬まで。

もう一度、種まきをしても十分に育ちます。

改めて種を購入すれば、発芽処理や種が古いといった問題はクリアできます。

気温や水やり、鳥対策に気をつければ発芽する可能性はぐっと高くなりますよ。

また、苗から育てるという手もあります。

最後に

朝顔といえば、多くの人が小学生の頃に育てた植物として
覚えているのではないでしょうか。

小学生が育てられるのだから、朝顔なんて簡単という
イメージもあるかもしれませんね。

ところが、いざ、大人になって育てようとしてみると、
発芽しないこともあり、意外と上手くできないことも多いものです。

基本的なポイントを確認して朝顔の種まきをしてみましょう。

今度は、芽がでるといいですね。

関連記事
アサガオの花が咲かない!原因と対策は?
グリーンカーテンにオススメの植物

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-1年草
-, , ,

Copyright© ガーデニング初心者ブログ 楽して楽しむガーデニング , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.