ガーデニング初心者向けに植物の育て方ポイントや実際に育ててみた体験談・栽培記録を紹介しています

楽して楽しむガーデニング

ハボタン(葉牡丹)が正月飾りに使われる意味・由来は?

更新日:

ハボタン

ハボタンは冬の花壇や正月飾りに欠かせない植物ですね。

まるで花が咲いたような美しい赤や白の葉が華やかさを感じさせてくれます。

花が少なく寒さの厳しい時期は、正月花として玄関に飾ったり、鉢や花壇に植えて楽しみたい植物のひとつです。

今回は、お正月にハボタンを飾る理由って、なんだろう?と気になったので調べてみました。

スポンサーリンク




ハボタンが正月飾りに使われる意味・由来

寒牡丹

寒牡丹

昔は、寒牡丹という11月中旬~2月下旬にかけて咲く牡丹をお正月の縁起花として飾っていたそうです。

牡丹は別名を「富貴花」といい、貴重でおめでたい花なんですね。

では、どうしてハボタンが正月飾りに使われるようになったのかというと…。

縁起が良い牡丹と見た目や見頃の時期が似ているから。

ハボタン

ハボタンの名前の由来は、重なり合った葉が牡丹の花のように美しいことによるものです。

牡丹と似ているうえに、牡丹よりも丈夫で育てやすく値段も安いとあれば人気が出るのは当然ですね。

ハボタン以外の正月花の種類・意味・由来

ハボタン鉢植え

お正月らしく家の中を飾る時に欠かせない正月飾りのひとつが正月花ですね。

正月花として使われる植物の種類には、ハボタンのほかに、どんなものがあるのでしょうか?

「松・竹・菊・梅・南天・千両・椿・水仙」などが良く使われるそうです。

正月花は縁起のよい植物が使われ、それぞれ意味・由来をもっています。

nanten

例えば、南天。「難転」に通じるので縁起が良いというのは、良く聞く話ではないでしょうか。

南天についてはコチラの記事でも書いています。
↓ ↓ ↓
ナンテン(南天)の特徴と種類、育て方!実がならない理由は?

ちなみに、正月花に使ってはいけない花というのは特にないようです。

バラを使った正月花

正月花のアレンジメントは和風・洋風ありますが、洋物のバラも正月花として良く使われます。

バラは花の咲いている時期が長いので「長春花」とも呼ばれる、おめでたい花なんですね。

お正月用に、赤いバラと白いバラ、紅白の組み合わせで飾るのも素敵だと思います。

さいごに

ハボタンの寄せ植え

今回は、ハボタン(葉牡丹)が正月飾りに使われる理由について調べてみました。

寒牡丹の花に勝るとも劣らぬハボタンの美しさ。

ハボタンは値段も手ごろで手入れが楽というのも魅力のひとつといえます。

正月花はもちろん、丸い葉や縮れた葉などいろいろな種類を寄せ植えして楽しむのもいいですね。

11月下旬になるとスーパーの園芸コーナーなどで販売されるので見かけたら早めに購入しておいたほうがよいかもしれません。

クリスマスも終わったので、お正月用に買おうとでかけたら、いつの間にか値段が高くなっていた!ということもありますよ。

私みたいに、もっと早く買っておけばよかった…と泣く泣く値段の高いハボタンを買う羽目になるかも…。

来年は早めに苗を購入してプランターに植え付けておこうと考えています。

関連記事
ハボタン(葉牡丹)の育て方!寄せ植えに適しているのはどの品種?
葉牡丹だけの寄せ植えを楽しむ!可愛いカラーリーフの品種は?
正月花・正月飾りはいつからいつまで飾る?縁起の良い正月花の種類と意味は?

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-雑学
-, , , ,

Copyright© 楽して楽しむガーデニング , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.