ガーデニング初心者向けに植物の育て方ポイントや実際に育ててみた体験談・栽培記録を紹介しています

楽して楽しむガーデニング

菊の摘芯は何回?摘芯の回数と時期は品種で違う!

更新日:

菊の摘芯回数

菊の育て方を調べてみると摘芯という作業が必要なことが分かりました。

ただ、摘芯の時期や回数は品種によって違うそうです。

自分が育てている菊は何回摘芯をすればよいのでしょうか?

調べたことをまとめてみました。

スポンサーリンク




菊の摘芯 品種で違う回数と時期

一般に4月下旬に頂芽を摘芯します。

ポットマムやスプレー菊は7月上旬にもう一度摘芯します。

摘芯をすることで脇芽が伸びて枝数が増え、花数も増えます。

カーペットマムは3回目以降の摘芯を行うこともあるようです。

ちなみに、最後に行う摘芯時期は開花の2ヶ月前が目安といわれています。

育て方や開花期で回数と時期は違ってきます。

夏咲きなら1回、秋咲きなら2回くらいになると思います。

ドーム菊の摘芯回数

形が半球(ドーム状)で一面に菊の花が咲くタイプをご存知ですか?

市販の小菊を何回も摘芯すればドーム型にして花を咲かせることはできそうですね。

しかし、すべての花芽を同じように成長させ開花させるのは、とても難しく技術が必要といわれています。

初心者の場合は専用の品種を育てたほうがよいでしょう。

ボサ菊、ドーム菊、クッションマムなど様々な呼び名があります。

分枝性が強いので自然にボール状にまとまるので特に摘芯をしなくても大丈夫です。

菊の栽培記録|2回目の摘芯をしました

tekisin201407
※赤丸は1回目に摘芯した個所です。

地植えしているキクの1回目の摘芯から3週間が過ぎました。

側枝が10cmほど伸びたので2回目の摘芯をしました。

お盆のころに咲くスプレー菊なので摘芯するのはこれで最後ということになりますね。

摘芯というのは枝を増やして花を沢山咲かせるための作業なんですが、むやみやたらに増やせばよいというものではないようで…。

初心者には、なかなか難しいです。

仏花用なので花がたくさん咲いてくれれば、それでいいんですけれどね。

比較のために摘芯しなかった苗と比べると草丈の差が15cmくらいありました。

もう少し草丈が高くなったら倒れないように支柱を立てたほうがよいかもしれません。

菊の摘芯と挿し芽

菊の摘芯をした後に伸びてきた脇芽を使って挿し芽ができます。

菊の冬至芽の育て方!株分け・植え替え・挿し芽にする方法は?

今まで冬至芽をそのまま育てる方法しかやっていなかったのですが、今度は挿し芽でも増やしてみようかと考えています。

根が活発に伸びるためには温度と湿度の管理がポイントだとか。

挿し芽は植物の生長期に行うと成功率が高いみたいです。

調べてみたら適した時期は5~6月頃とのこと。

今年は時期を逃してしまいました。また、来年です。

切り花を挿し木にすることもできるそうですが初心者にはレベルが高そうですね。

まだまだ、経験が足りません。

※2014年の菊栽培記録一覧
菊を摘芯する理由とは?摘芯の意味や適した時期と方法を紹介!
8月咲きスプレー菊が咲き始めました【2014年の栽培記録】
夏菊・スプレー菊の開花状況!見頃を迎える【2014年10月】

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-キク
-, , ,

Copyright© 楽して楽しむガーデニング , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.