イチイ(一位)の木の特徴と育て方!剪定時期と方法は?

イチイの木の実

イチイ(一位)は秋になると可愛らしい赤い実をつける樹木です。

庭木や生垣、街路樹に利用されたり、盆栽で楽しんだりされますね。

今回は、イチイの木の特徴と剪定時期・方法など育て方のポイントを紹介します。

スポンサーリンク

イチイの木の特徴

イチイの赤い実

イチイは、イチイ科の常緑針葉樹です。

原産地は、北半球の温帯からマレーシア西部、メキシコ。

日本では、九州南部と沖縄を除いた地域に自生しています。

「一位」という名前は、仁徳天皇にこの木で作られた笏(シャク)を献上した際、他の材のものより美しく質が良かったため、最高位である「正一位」を授けたことに由来するといわれています。

別名、オンコ、アララギとも呼ばれます。

色づき始めたイチイの実

樹高は2~18m。

日陰でも育ち、寒さに強く、積雪にも折れにくいので寒冷地で庭木や垣根として広く利用されています。

暖かい平地では生育が悪く移植も難しいといわれています。

寿命が長く、生長スピードがゆっくりなので盆栽にも適しています。

葉は、とがっていますが、柔らかいので触っても痛くはありません。

雄の木と雌の木があり、3月~4月になると葉の付け根あたりから花を咲かせます。

雌花は受粉すると、種子を包む「仮種皮」と呼ばれる部分がふくらみます。

秋に赤く熟した果実は甘さがあって食べられます。

イチイの毒について

赤くなったイチイの実

イチイの実は食べるとわずかに甘味があって美味しいです。

ただし、種にはアルカロイド系のタキシンという毒が含まれています。

種を噛んだり飲み込んではいけません。必ず吐き出してください。

実以外の全ての部分に毒があるので葉や茎、樹皮にも注意が必要です。

ペットが噛んでしまうこともあるかもしれません。

小さなお子さんやペットがいるご家庭では気をつけてください。

木材としての特徴

木材として堅いですが、堅いわりには加工がしやすいという特徴があります。

また、木肌も滑らかで光沢があり美しいので建材や生活用品など様々なものに利用されています。

例えば、見台、仏壇などの和家具の材料として古くから使われています。

木目が美しいので表札に使われることも多いです。

日常生活で使われるものとしては他にも、お盆や茶筒などがあります。

建材としては床の間の床柱、落掛などに利用されています。

品種

◆キャラボク
イチイの変種です。

一見すると似ていますがキャラボクは樹高が1~3mでイチイほど大きくなりません。

また、イチイは葉が水平に2列に並びますが、キャラボクはらせん状に出ます。

◆ヨーロッパイチイ
樹高7mほどになりヨーロッパでは生け垣やトピアリーに使われます。

イチイの木の育て方

イチイの赤い実

イチイは、日向でも日陰でも育ちます。

寒さ・暑さに強く、害虫がつきにくいので、初心者でも育てやすい樹木です。

苗を購入したら、水はけが良く有機質に富んだ土に植え込みます。

植え付けの適期は3月下旬から梅雨にかけての期間と10月から11月上旬です。

移植はできるだけ避けたほうがよいのですが、必要ならこの時期に行います。

さし木、とり木、種蒔きで増やすことができます。

注意する病害虫は特にありません。

水やり

鉢植えの場合、土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。

庭植えの場合、植えつけてから2年未満の株は土の表面が乾いたらたっぷりと与えましょう。

2年以上たつ株は、特に水やりの必要はありません。

肥料

鉢植えは3月に化成肥料を株元に追肥します。

庭植えは2月ごろに寒肥として有機質肥料を株元の周辺に埋めておけば、そのほかは必要ありません。

イチイの木の剪定時期・方法

イチイの刈り込み剪定

新芽が出る前の3月から5月か、実がなった後の秋に行います。

自然の樹形も楽しめますが、整った樹形を楽しみたい場合は最低1年に1回は剪定したほうがよいです。

刈り込んでも芽が出るので不要枝や徒長枝は早めに剪定をするとよいでしょう。

樹形を維持するための刈り込みは、新梢が固まる7月と、11月~芽吹き前の3月の年2回行うと枝が密生してきれいになります。

ただし関東より西の暖かい地域では生育が遅く刈り込むとなかなか戻らないといわれています。

剪定は控えた方がよいでしょう。

さいごに【栽培記録 追記】

イチイの若葉
※5月14日撮影

イチイの若葉
※5月25日撮影

今回は、イチイの木の特徴と剪定時期・方法など育て方のポイントをまとめてみました。

青森県に住んでいるのでイチイは身近な庭木。「オンコの木」と呼ばれることも多いですね。

子供のころはイチイの熟した赤い実をつまんで食べるのが楽しかったものです。

近所に高さが2階の屋根くらいまであるイチイの庭木があります。

あそこまで大きくなると剪定など手入れが大変そうです。

自宅で育てるなら鉢植えで小さく育てて赤い実を楽しみたいですね。

ウメとマンリョウという縁起木がありますが名前の由来を知ってイチイも育ててみたくなりました。

イチイの古木

青森県内各地に古木があります。

ちょっと調べてみただけでもこれだけみつかりました。

300~500年以上の木があることに驚いています。寿命が長い木なんですね。

◆徳下イチイの古木【藤崎町】
 幹周2m以上。樹齢500年以上。

◆細ヶ平のイチイ【鰺ヶ沢町】
 推定樹齢300年以上。

◆観音のオンコ【平内町】
 樹高11m。推定樹齢300年。

◆小清水観音の石抱きイチイ【八戸市白浜】
 樹高8m、幹周4.4m。推定樹齢は分かりません。

◆八幡宮の傘イチイ【五戸町】 
 樹高7.2m、幹周3.65m。推定樹齢470年。

栽培記録

イチイの新芽

2018年 庭にイチイが芽を出しました。

いったい、どこからやってきたのでしょう?

とりあえず、庭植えのまま様子をみることにしましたが…。

掘り上げたイチイ

2度の冬を越し10cmほどに生長したので、2020年5月、鉢上げしてみました。

用土は余っていた山野草用の培養土を使用。

イチイを鉢に植え付ける

実がつくのは何年後なのか分かりませんが楽しみに待ちたいと思います。

関連記事
秋の木の実に赤い色が多い理由

タイトルとURLをコピーしました