ガーデニング初心者向けに植物の育て方ポイントや実際に育ててみた体験談・栽培記録を紹介しています

楽して楽しむガーデニング

ハギ(萩)の花が咲く季節はいつ?ハギの特徴と育て方を紹介!

更新日:

ハギの花

ハギ(萩)の花が咲く季節はいつなのかご存知ですか?

ハギの花が咲く季節と特徴、育て方のポイントを紹介します。

スポンサーリンク




ハギ(萩)の花が咲く季節はいつ?

ハギの花

ハギは秋の七草のひとつです。

漢字で書くと「萩」。草かんむりに「秋」ですね。

というわけで萩の花は秋に咲くというイメージが強いのではないでしょうか。

地域により多少異なりますが一般的に萩の花の見頃・開花時期は7~9月頃です。

種類によっては初夏に花を咲かせるものもあります。

ハギ(萩)の特徴

ハギの花

ハギはマメ科ハギ属に分類される植物全体の総称です。

原産地は北アメリカ・東アジアです。

日本のほぼ全域に分布していて、ニワミグサ(庭見草)、ノモリグサ(野守草)、ハツミグサ(初見草)など多くの別名があります。

樹高:1.5~2m
花色:赤紫色、白

日本では古くから親しまれてきた植物で万葉集で最も多く詠まれている花といわれています。

品種

ヤマハギやマルバハギなどの野生種とミヤギノハギや白花ハギなどの園芸品種に分けられます。

◆ヤマハギ
日本全土に自生する品種でハギというとこの種を指すことが多いです。

花の時期になっても枝はほとんど枝垂れません。

◆ミヤギノハギ
庭木として広く親しまれている品種で、別名「センダンハギ」と呼ばれます。

◆マルバハギ
関東より西の地域に多く自生している品種です。

別名「カワチハギ」と呼ばれます。

◆ツクシハギ
本州~九州に自生する日本特産種です。

ハギ(萩)の育て方

ハギの根には空気中の窒素を栄養分に変える根粒菌が共生しています。

そのため痩せた土地でも良く育つ特性があるので土質は特に選びません。

日当たりと水はけがよい場所で育てましょう。

水やり

地植えでは特に必要ありません。

鉢植えでは夏の高温期には水切れしないように十分に与えます。

肥料

地植えでも鉢植えでも必要ありません。

病害虫

病気は特にありません。

新芽の伸び始める4月中旬以降にアブラムシが発生することがあります。

剪定

落葉してから2月頃までが適期です。

根元から10~20cmくらいの高さでバッサリと切りましょう。

古い枝を切って春に新しい芽を出させることで来年の花付きがよくなります。

さいごに

実家の近くに川に沿ってサイクリングできる道路があるのですが、その道路端にハギが植えられています。

花の咲いているのを見ると、いかにも秋がきたと感じられて風情がありますね。

ところで、ハギと同じ秋の七草のひとつにクズ(葛)があります。
↓ ↓
kuzu

ハギは落葉低木ですが、クズはマメ科のツル性多年草。

根を用いて食品の葛粉や漢方薬が作られるなどクズも万葉の昔から日本人に親しまれてきた植物ですね。

ただ、あまりにも繁殖力が強いため駆除することがむずかしく嫌われ者になっていることもあるそうです。

「葛の花」といえば、

「葛の花 踏みしだかれて 色あたらし この山道に 行きし人あり」という釈迢空の短歌が有名ですね。

中学か高校の教科書に載っていることが多い歌だと思うので、ご存知の方も多いと思います。

なぜか、ハギの花をみると、この歌を思い出してしまいます。

関連記事
十五夜にススキをお供えする意味とは?一緒に飾る秋の七草も紹介!

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-雑記
-, , ,

Copyright© 楽して楽しむガーデニング , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.