ガーデニング初心者向けの基礎知識を紹介しているブログです。初心者向けの植物・雑草対策・害虫対策など管理人の実例もあります。

ガーデニング初心者ブログ 楽して楽しむガーデニング

宿根草

ルピナスの種まき時期や方法は?発芽率を上げるコツ!

投稿日:2008年6月27日 更新日:

ルピナス

ルピナスを苗から育てるつもりでしたが、販売されていませんでした。

予定変更、種まきから育てることに。

ルピナスの種まき時期や方法、発芽率を上げるコツを調べてみました。

スポンサーリンク




ルピナスの種まき時期は?

ルピナスの、種まきの時期は春と秋です。

春まきは5月の始めから6月下旬まで、秋まきは8月下旬から10月下旬までの時期にまきます。

6月ももうすぐ終わりという今の時期にまいても大丈夫かな?

とは思いましたが、種の入っている袋の発芽適温を見ると丁度よいみたいです。

もし、発芽しなくても、秋があるさ、とばかりチャレンジすることに。

今年は花は楽しめませんが、来年に向けて育ててみたいと思っています。

ルピナスの種まき方法は?

宿根ルピナスなどマメ科の植物はアサガオの種と同じように
一晩水につけて、ふくらませてから種まきをするとよいそうです。

梅雨時期は雨に当たる機会が多いので、ある程度大きくなるまでは
育苗箱などで育てるようにし、庭に直にまくのは避けるようにします。

雨と同様に高温多湿な環境も苗には向かないので、
箱のまま移動させるようにするとよいそうです。

育苗箱やプランターの底に鉢底石を敷き、その上に挿し木・種まき用培養土を入れます。

箱やプランターの8分目まで土を入れてから、種を間隔をあけてまきます。

深さは1.5センチくらいがよいでしょう。

宿根のルピナスは移植を嫌うので、3号くらいの大きさの鉢に1個ずつ植えます。

できるだけ風通しのよい西日の差さない場所で育て、
秋になってから庭や大きな鉢に定植させます。

今回は、使っていないプランターがなかったので、発泡スチロールの箱に
穴を開け、土も買い置きしておいた小玉の赤玉土を使って植えてみました。

植えてから5日目、発芽しているのを発見。大きくなるのが楽しみです。

ルピナスを植える時期は?

育苗箱に種まきをした場合、本葉3~4枚になったら庭や鉢に植え付けます。

庭植えにするときは、株間は30cmにします。

ルピナスは、こぼれ種で勝手に増えて花が咲くそうです。

庭植えにして、どんどん増やすのもいいかもしれませんね。

関連記事
ルピナスの花の育て方!ポット苗を植える場所や肥料は?
ルピナスの苗を植え付け!地植えと鉢植えにする方法
ルピナスの開花時期は?花芽ができるには低温が必要?

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-宿根草
-, , ,

Copyright© ガーデニング初心者ブログ 楽して楽しむガーデニング , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.