ガーデニング初心者向けに植物の育て方ポイントや実際に育ててみた体験談・栽培記録を紹介しています

楽して楽しむガーデニング

マルチングで地植え植物の霜よけ・防寒対策!鉢植え植物の防寒対策は?

更新日:

マルチングで霜よけ

マルチングで植物の霜よけなど防寒対策をする方法を紹介します。

寒さで植物がダメージを受ける前に早めに冬越し・寒さ対策をしておきましょう。

スポンサーリンク




マルチングで地植え植物の霜よけ・防寒対策

マルチングで霜よけ

マルチングとは簡単にいえば植物の根元の地面をおおうことです。

草花や野菜を育てるときにさまざな目的で使われます。


・土壌の乾燥を防止する
・泥はねを抑えて病気の発生を防ぐ
・雑草が生えるのを抑制する
・雨によって土が固くなるのを防ぐ
・地温を調節する

冬はマルチングで地温を調節する

ビニールマルチ

マルチングで地表をおおうと急激な温度の上昇や低下を防ぐ効果があります。

冬場は朝晩の冷え込みから根を保護します。

半耐寒性の植物は霜にあたると地上部が枯れてしまうものが多いです。

霜柱が立つと根が引き抜かれたり凍結する場合もあり、枯れや傷みの原因になります。

霜よけ対策としても植物の根元を保温材でおおうマルチングは有効です。

冬以外の季節、例えば、春先の低温期には土中の温度を高めて植物の成長を促すことができます。

また、夏場は地温が上がりすぎるのを防ぎ根がダメージを受けないようにしてくれます。

マルチングの方法

敷ワラをする、ビニールで覆う、などが一般的。

ほかにもバークチップや腐葉土、落ち葉を敷くのも効果的です。

また、霜対策としてペットボトルを切ってカバーを手作りするのもいいですね。

大きい植物の場合は市販の霜よけカバーを利用するとよいでしょう。

マルチについてはこちらの記事でも書きました。
↓ ↓ ↓
雑草対策にマルチングは効果的?マルチング材の種類と敷く方法!
雑草マルチが雑草対策になる理由!草マルチの効果と方法は?

鉢植え植物の防寒対策

バークチップでマルチング

プランターや鉢植えの土が凍ると、地植えに比べて融けにくく根が長い時間低温状態になってしまいます。

凍結から守るには次のような方法があります。

フラワースタンドを使う

冷たい地面の上に放置しないようにしましょう。

鉢植えの場合、直接地面に置くと地表から冷気が伝わって底冷えしてしまいます。

フラワースタンドを使って地面より高いところに置くだけでも土の凍結を防ぐことができます。

鉢やプランターを二重にする

鉢やプランターを、カバーを使って二重にすると土の保温効果があります。

冬の室内では夜の急激な冷え込みに注意が必要です。夜間はダンボールや紙袋をかぶせるだけでも冷えを防げます。

発砲スチロールは保湿、保温性ともに優れているので活用するのもおすすめです。

小さい鉢植えの場合は、まとめて発泡スチロールの箱に入れて、夜の冷え込みから守りましょう。

さいごに

例年の寒さなら大丈夫と思っていても、最近は、寒暖差が激しくなっているので油断はできません。

記録的な寒波がやってきて植物がダメージを受けることもあるかもしれませんね。

マルチングなどで霜よけや防寒対策をしておくと安心です。

関連記事
鉢植え植物の管理方法!室内での冬越しポイントは?

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-季節のガーデニング作業
-, , ,

Copyright© 楽して楽しむガーデニング , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.