ラベンダーリースの作り方!材料費0円で作る方法

ラベンダーとガウラ

ラベンダーとガウラ


ラベンダーリースの簡単な作り方と実際に作ったリース(失敗作を含む)を写真つきで紹介します。

初めてのラベンダーリース|簡単な作り方

リースを作るのは初めてなので「ラベンダーリースの作り方」で検索して出てきたページを順番に読んでみました。

一口にラベンダーリースといっても、別の植物を加えたり、リボンで飾り付けたり、いろいろな作り方があるんですね。作り方の一例を簡単にまとめてみました。

【用意する物】
・ラベンダー
・リース
・30番の針金
・ハサミ

①約6センチ×20本の束を40個くらい作ります。

②束をリースの土台にさしこみワイヤーで括り付けたら完成。

※ラベンダーの束の数、長さは目安です。

※花の向きは「一方向にさす」「下から左右に分ける」の2通りありますが、どちらでも構いません。

※リースは100円ショップなどで購入できます。ブドウ、フジ、アケビなどのつるで手作りしてもよいです。手作りする場合は、つるで輪を作り、針金で留めていきます。直径15~25センチくらい、お好みの大きさで。

※ラベンダーの茎をリースの土台にして作る方法もあります。

材料はすべて自宅の庭で!実費0円でラベンダーリースを作ってみた

イングリッシュ ラベンダー系のヒドコーテという品種を育てています。今年もたくさんの花穂をつけてくれました。

ドライフラワーにするのは花が咲く直前がベストタイミングということで、ここ数日は刈り取り作業にはげんでいます。

ラベンダーリース
作り方を調べずに自己流で初めて作ったリースです。シロツメクサの花冠のイメージで茎ごと束ねて輪にしてみました。

直径15センチと輪を小さくしたせいなのか茎が途中でポキッと折れてしまった失敗作です。

リースの材料

ラベンダーリース
作り方を調べて作ったのがコレ。フジのつるを3本ねじって輪をつくりリースの土台にしました。すき間があかないようにラベンダーを挿すのはむずかしいですね。丸い形にならなくて、これも失敗作といえそう。

とはいえ、香りとツボミのもふもふした感触が気持ち良く、作り終わった後は、ちょっとした達成感もあって楽しかったです。

花穂を刈り取ったあとに剪定すると秋にもう一度咲いてくれます。秋になったら、もうひとつリースが作れるかもしれません。

ラベンダーの旬をリースで楽しむ

販売されているリースの値段をみると数千円もするので驚いてしまいます。

1株あれば自宅で飾って楽しむだけの量は収穫できるのでラベンダーが好きな人は育ててみるのがよいかもしれませんね。

我が家では、剪定の時以外はほとんど手を掛けることはありせん。放置状態でも元気に育ってくれて素敵な花まで咲かせてくれるので重宝しています。

過去の記事を読み返したら、ラベンダーを育てるようになってから、早いもので10年近く経っていることに気が付きました。

どうりで株も大きくなったわけです。万が一枯れたときに備えて挿し木で増やし、1株は鉢植え、もう1株は別の場所に地植え。

合計3株ありますが、日当たりがよい場所に地植えしているのが一番元気。半日陰に地植えしているのは茎がヒョロヒョロして花穂も弱々しいです。ラベンダーは移植を嫌うといいますが、秋になったら日当たりのよい場所に移動したほうがよいのかもしれません。

関連記事
ラベンダーの育て方
ラベンダーのドライフラワーを冷蔵庫で作る方法
ラベンダーの剪定とドライフラワーの作り方
ラベンダー ポプリの作り方

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ