多肉植物 赤鬼城(アカオニジョウ)の増やし方

akaoni20150830

赤鬼城(アカオニジョウ)はベンケイソウ科の多肉植物です。

紅葉する多肉として人気がありますね。

今回は、 赤鬼城を挿し芽して育てている様子を紹介します。

赤鬼城の増やし方|挿し芽

挿し芽で増やすことができると知って、試してみたのが6月中旬。

徒長気味の赤鬼城の茎を切り取って、そのまま用土に挿しました。

上の写真は、約2ヶ月後の2015年8月30日に撮影したもの。

どうやら、根付いてくれたようです。

挿し芽した赤鬼城に花芽

屋外の日当たりのよい場所に置いているのに、何故かヒョロヒョロと伸びてしまいました。

切り詰めたほうがいいのかな?

でも、うっかり切ってしまって枯れてしまったら困るし…。

そう思って様子をみていたら、8月下旬になって、先端に花芽らしきものができていました。

そういえば、赤鬼城は秋に白い花が咲くということを忘れていました!

春に刺し芽して秋に開花するとは予想していなかったのでビックリですが、楽しみですね♪

この赤鬼城を購入したのは昨年(2014年)10月。紅葉を期待していたのですが冬の間は緑色のままでした。

今年6月下旬、陽気がよくなってきたころを見計らって屋外に出しておいたら何故か紅葉が始まりました。

もうすぐ9月ですが、まだ赤く色づいたまま。

寒くなっても紅葉した状態は続くのでしょうか?

赤鬼城と火祭りの違い

himaturi20150830

赤鬼城と似ている多肉植物に「火祭り」がありますね。

この火祭りは今年(2015年)3月に100均で購入した株から茎を切り取って挿し芽したものです。

形が似ていますが、今は、葉色の違いで赤鬼城と区別している状態といったところでしょうか。

紅葉したら見分けがつかなくなるかもしれません。

2015年8月下旬の天候

8月下旬に入ったらストンと気温が下がりました。

この1週間をみると最高気温が25度前後と平年の気温より低めに推移していたように思います。

最低気温のほうは19度くらい。20度を割って夜は肌寒さを感じることも。

お盆のころに真夏日で暑い暑いと言っていたのがウソのようで、すっかり9月の気分です。

まさか、この調子で涼しいを通り越して一気に寒くなるということはないでしょうね?

もしかして、秋らしい過ごしやすい時期は短いかも?そんな気分にさせられるほどです。

幸い、庭仕事をするには丁度よい気温。

植え替え、植え付け、株分けなど早めにやってしまえたらいいですね。

秋用の草花も、今から植え付けすれば、9~10月の2ヶ月間は楽しめると思います。

◆赤鬼城・火祭りの関連記事
多肉植物 赤鬼城の育て方
徒長した多肉植物を簡単に仕立て直す方法
赤鬼城が紅葉しないのは冬場の日光不足が原因?
多肉植物 赤鬼城の挿し芽が紅葉
多肉植物の植え替えと赤鬼城の開花
多肉植物 赤鬼城に新芽が出る
春に紅葉!多肉植物の赤鬼城と火祭り