ベンジャミンの葉が枯れる!

ベンジャミン
ベンジャミンの葉がしおれて枯れてきました。

1ヶ月前の記事に「ベンジャミンはパキラよりも寒さに強いらしく元気にしています」と書いたのですが、その後2週間くらい経った頃から、葉がしおれ、枯れてきました。大ピンチです。

調べてみたら、ベンジャミンはパキラより寒さに弱いということでした(T_T)。

ベンジャミンのように放っておいても元気な植物って、育て方・管理方法を忘れてしまうことが多々あります。

以前、ベンジャミンについて書いた記事には、ベンジャミンの葉が落ちる原因として「日光不足・温度変化・環境の変化」などがあると書いていました。

育てて3年以上経つベンジャミンで、植え替えしたのは、多分、一昨年。置き場所は変えていません。

ということで、今回の落葉は温度変化(厳しい寒さ)が原因だと思われます。今冬は、真冬日が一週間も続くなど記録的な寒さだったにもかかわらず、寒さ対策を全くしませんでした。

今から思えば、夜間に0℃以下になったときはダンボール箱をかぶせるなど防寒対策をするべきだったんです。

今後、同じ失敗をしないためにも、現在の状態をもう少し詳しく書いておくことにします。

全体の葉はしおれていて、一部の葉はカラカラになって枯れています。枝先も、しなびて樹皮にしわが寄っている所や、乾燥して曲げるとポキッと折れてしまいそうな所もあります。じっくり見ると明らかに枯れている枝先がたくさんありました。

枝の切り口から白い樹液が出る部分は生きていますが、枯れていると思われる枝をどんどん切っていったら、丸裸になってしまいそうなので、切らないでそのままにしてあります。

以前の記事の中では「冬に葉がほとんど落ちてしまっても、暖かくなると新しく芽を出す事も多いそうです。春に植え替えを行ない、剪定をして樹形を整えておくと、夏ぐらいまでには葉が茂ってきます」と書きましたが、まさか、我が家のベンジャミンがここまで瀕死の状態になるとは思ってもみませんでした。

3月も中旬に入るとはいえ、まだまだ真冬日の日もあります。寒暖の差も大きいので、このまま全ての葉が枯れて落ちてしまう可能性は大です。

今、出来ることは「春になって暖かくなるのを待つことだけ」なのかもしれません。

新芽が出てくるまで時間がかかりそうですが、気長に待ちたいと思います。

関連記事
観葉植物ベンジャミンの育て方
ベンジャミンの葉が落ちる原因は?